二度言われたら完全に脈ナシ!デートの断り文句9パターン


勇気を出してデートに誘ったのに、あいまいな返答で断られるケースは多いもの。そのときの女性の断り文句次第で、くじけずに押すべきか、諦めるべきかを判断したほうがよさそうです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に、「二度言われたら完全に脈ナシ!デートの断り文句」をご紹介します。

  • 【1】いつならOKとは言わず「いつか行けたらいいですね」

    「その気があったら代わりの日程を提案する」(20代女性)など、具体的なプランは一切口にせず、「漠然とした同意」で済ませるのは、軽くスルーしているのと同義のようです。こちらの真剣さが伝わっていない可能性もあるので、一度は熱烈に押してみてもよいでしょう。

  • 【2】二人きりで会うのはNGという意味で「機会があればみんなと一緒に」

    「友達としては仲良くしておきたい相手にはこう言う」(10代女性)など、「仲間と一緒ならOK」という切り返しは、デートはイヤだけど関係性を崩したくない場合に使われるようです。本当にグループで誘ってみてOKなら、徐々に親しくなることを目指しましょう。

  • 【3】具体的なスケジュールは一切言わず「その日の予定がハッキリしなくて」

    「基本ナシだけど、めちゃめちゃヒマだったら遊んでもいいって感じ」(20代女性)など、予定をぼやかした玉虫色の返答なら、女性自身も決断を先送りしている可能性が高そうです。「逆にいつなら大丈夫?」と追い打ちを掛ければ、隠された本音を確認できるかもしれません。

  • 【4】強引なアプローチを拒否するために「余裕ができたらこっちから連絡しますから」

    「といって連絡しない。何度も断る手間が省ける」(20代女性)など、アプローチの主導権を奪い取ろうとする人は、「断るのも面倒」くらいに思っているおそれがあります。一週間後に催促の連絡をしてみてダメなら、諦めるのが賢明でしょう。

  • 【5】家族の事情を持ちだして「その日は親と約束があって」

    「本気で楽しみなデートだったら、親との約束なんて絶対ズラす」(20代女性)など、家族を理由にして断る場合は、「嘘も方便」を疑ったほうがいいかもしれません。ただし、家族旅行や法事といった「本当にズラせない予定」もあるので、二度目のアタックで真偽を判断すべきでしょう。

  • 【6】あなたのために空ける時間はないと匂わせて「忙しくて当分は無理です」

    「本気で興味がないっていう意味」(20代女性)など、取り付く島もない「当分無理」という表現は、ほとんど完全な拒絶に近いようです。長期戦を覚悟して、地道に親しくなる方法を模索しましょう。

  • 【7】何度でも断る決意をやんわり伝える「何度も断ってすみませんが」

    「どう頑張っても返事は変わりません、というメッセージ」(20代女性)など、わざわざ「何度もすみません」と前置きする真意は、「これ以上気を遣わせないで」という強い意思表示かもしれません。同じアプローチを繰り返しても無意味なので、別の手段を検討しましょう。

  • 【8】いつであっても無理ということを暗に示す「帰ってペットに餌をあげないと」

    「ペットの世話って毎日することだから…わかりますよね?」(20代女性)など、デートよりも日々の習慣を優先する断り方は、「希望を持たないで」という意味に近いようです。ただし、「餌をあげたあとに食事するのは?」と粘ることはできるので、もうひと押ししてみましょう。

  • 【9】特定の男性の影を感じさせる「その日は男友達と飲みに行くんで」

    「よほど鈍感じゃない限り、『彼氏がいる』と思ってくれるはず」(20代女性)など、ほかの男性をダシにするのは、「こう言ったら諦めるだろう」という最終手段のようです。ずばり「彼氏と会う」と言われてしまったら、残念ながらノーチャンスだと思ったほうがよいかもしれません。

デートの誘いは、断るほうも気を遣うもの。押し引きを正しく判断するのが紳士の心得でしょう。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年9月9日から13日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock