その頑張りは逆効果?彼氏のちょっとズレた気遣い9パターン


彼女を喜ばせたい一心だったはずが、「的外れ」だと思われると、むしろマイナスの印象を与えてしまうもの。好意のすれ違いにならないよう、女心をよく理解したいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に、「その頑張りは逆効果?彼氏のちょっとズレた気遣い」をご紹介します。

  • 【1】素直に褒めたつもりがイヤミに取られる、「今日の化粧いいね!」

    「引っかかる褒め方。普段はダメってこと?」(20代女性)というように、「限定的なセリフ」を選んだせいで、その裏を深読みされてしまったケースです。「今日は一段とかわいいね!」などと、余計な含みをもたせず絶賛するほうが喜ばれるでしょう。

  • 【2】約束の時間よりも大分早く着いて、「もう待ってるよ!」

    「女は準備に時間が掛かるんだから、焦らせないで」(20代女性)というように、待ち合わせ場所に早く着くのはマナーとしては正解ですが、急かすように連絡すると「ペースを乱された」と感じさせてしまうようです。約束の時間まで余裕たっぷりに待っていましょう。

  • 【3】好みにできるだけ合わせようと思い、「どこ行きたい?何食べたい?」

    「なんでもかんでも聞かないで。ご機嫌取りみたい」(20代女性)というように、彼女の期待に応えたいあまりにデートの主導権を預けてしまうと、「情けない男」と思われてしまうようです。彼女を気遣いつつも、最後まで自分がリードする気概は忘れてはいけないでしょう。

  • 【4】彼女がすべきことを勝手に代行して、「やっておいてあげたからね!」

    「仕上がりが中途半端で、大抵やり直すハメになる」(20代女性)というように、忙しい彼女をフォローしたつもりが、逆に余計な手間を増やすことになるケースです。自己判断で慣れない作業に手を出すより、まず「何か手伝えることある?」と本人に尋ねましょう。

  • 【5】疲れていそうな様子を過剰に心配して、「大丈夫?大丈夫?ホントに大丈夫?」

    「何度も聞かなくていい。オドオドしないで」(20代女性)というように、不調そうな彼女を気に掛けるのはいいですが、しつこく聞くだけでは逆効果のようです。近くの休憩できそうなカフェをすぐ探すなど、対策を行動で示す必要があるでしょう。

  • 【6】細かい発言を逐一メモに取り、「これ好きだったよね。全部覚えてるよ!」

    「そこまでいくと怖い」(20代女性)というように、好きなモノを覚えてもらって感動する女性は多いものの、あまりに緻密だと不気味に映るようです。実際にメモを取っていたのだとしても、「前に言ってなかった?」と、あくまでもさりげなく口にしたほうがいいでしょう。

  • 【7】事前の予告もなしに高級レストランへ連れて行き、「サプライズディナーだよ!」

    「せめて『オシャレして来てね』くらい言っておいてほしかった…」(20代女性)というように、ドレスコードがあるレベルのお店に何の準備もなく連れて行けば、彼女に恥をかかせてしまいそうです。サプライズ度が高いときほど、事前の一言は必須でしょう。

  • 【8】ストレートに愛情表現しようと、口癖のように「好きだよ!好きだよ!」

    「なんか安っぽくて聞き流しちゃう」(20代女性)というように、本来なら感動を呼ぶ愛の言葉も、安易に言いまくれば重みが薄れるようです。彼女をギュッと抱き締めながらささやくなど、言葉だけでなく態度で真剣みを伝えたいところです。

  • 【9】仕事が忙しすぎる彼女を気遣って、「俺のことはしばらく放っておいていいよ」

    「つまり私を支えてくれる気はないのね」(20代女性)というように、「会えなくても平気」と同義のセリフは、彼女を突き放したと誤解されてしまうようです。「返事は無理しないでね」と伝えつつ、こまめにメールするくらいがちょうどいいでしょう。

良かれと思った行動が、彼女の期待にそぐわなければ、逆効果を招くことも。せっかくの気遣いが自己満足にならないようにしたいものです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年9月9日から13日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock