「彼氏なんていらない!」と強がる女子が人恋しくなる瞬間9パターン


「男性に頼らなくても生きていける」と公言するしっかり者の女性にも、たまには「誰か隣にいてほしい」と願う瞬間が訪れるもの。強気な女性をモノにしたければ、そのタイミングを事前に把握しておきたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「『彼氏なんていらない!』と強がる女子が人恋しくなる瞬間」をご紹介します。

  • 【1】悪天候や災害が起きて心細いとき

    「大雪で家に閉じ込められかけたとき、そばに誰か居てほしいと願った」(20代女性)というように、思わぬ災難に見舞われたとき、誰かに守られたいと感じる女性は多いようです。普段は自立している女性であっても、地震や台風のタイミングでは「大丈夫?」などと気遣うメールを送ると、ことのほか喜ばれるでしょう。

  • 【2】恋愛ドラマのラブシーンを見て胸がキュンとなったとき

    「壁ドンの後のキスとか、たまりません!」(10代女性)など、テレビや映画などのラブストーリーに、つい感情移入してしまうパターンです。普通に攻めても勝ち目のなさそうな女性は、思い切って甘い恋愛映画を観るデートに誘うと、劇的な成果が上がるかもしれません。

  • 【3】一人で過ごす休日に飽きたとき

    「予定のない週末が3週続いたとき、さすがにさびしいと感じた」(20代女性)というように、せっかくのオフを退屈に過ごすうちに、男性の存在を意識し出したケースです。気になる女性が地味な休日を過ごしているようなら、外に連れ出してあげると良いかもしれません。

  • 【4】体調を崩して寝込んでいるとき

    「高熱にうなされながら『こんなとき彼氏がいれば!』とつくづく思った」(20代女性)など、どんなに気丈な女性でも、不調なときには誰かに支えてほしいと思うもの。相手の体調が思わしくないという情報をキャッチしたら、「何かできることある?」とサポートを申し出るのも一案でしょう。

  • 【5】真っ暗な部屋に帰って孤独を感じたとき

    「誰もいない寒い部屋のドアを開けるたび、えもいわれぬ寂しさに襲われます」(20代女性)というように、暗くて寒い時期になると、ことさら男性に抱きしめてほしくなる女性もいるようです。一人暮らしの女性が家に帰りたくなさそうなそぶりを見せたら、だめもとで飲みに誘ってみると良いでしょう。

  • 【6】街でイチャイチャするカップルを目撃したとき

    「手をつないで微笑み合ってる2人とか、羨ましくて悶絶します」(10代女性)など、周囲のアツアツなカップルの影響を受ける女性もいるようです。好きな人と歩いているときに「これは」という場面に遭遇したら、「こっちも手つないじゃう?」などと冗談半分で迫るのもアリかもしれません。

  • 【7】仕事でミスして落ち込んでいるとき

    「『そんなにヘコむなよ』と言いながら頭をナデナデしてほしい!」(20代女性)というように、失敗したり、悲しい出来事があったとき、異性の慰めを求める女性は多いようです。いつもは威勢のいい同僚が沈んでいることがあったら、やさしく声をかけてみると良いでしょう。

  • 【8】SNSで友人のノロケ投稿を読んでジェラシーを感じたとき

    「『彼氏と鍋!』みたいな投稿を見るたび、飼い猫の萌え写真しか上げられない自分が歯がゆい!」(20代女性)など、親しい友達のリア充ぶりから刺激を受けるケースです。SNSのネタに詰まっていそうな女性は、話題になりそうなライブや映画に誘うと乗ってもらえるかもしれません。

  • 【9】酔った勢いで誰かに甘えたくなったとき

    「いい感じに酔うと、大胆になりますね」(20代女性)というように、お酒の席では、普段は張りつめている心がつい緩むという女性もいます。意中の相手が飲み会で楽しそうにくつろいでいたら、思い切って甘えさせてあげると、一気に接近できるかもしれません。

どんなに強気な女性でも、ふとした心の隙間があるもの。うまくタイミングを捉えて心の距離を近づけたいところです。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2014年10月10日から16日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock