好感度が急降下!絶対にやってはいけないホテルの誘い方9パターン


デート中、いい雰囲気になって「ラブホに誘おう」と思っても、言い方一つで女性の気持ちが冷めてしまうことがあるようです。ムードを壊してせっかくのチャンスを逃さないためにも、今回は恋愛経験豊富な20代、30代の女性に聞いた「好感度が急降下!絶対にやってはいけないホテルの誘い方9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「何にもしないから、ホテルで休憩しようよ」

    「下心丸見え!」(20代女性)というように、見え見えの嘘をつくと引かれてしまうようです。せめて「汗かいちゃったからシャワー浴びていこうよ」などとエッチを連想する言葉を盛り込んで誘えば、彼女も応じやすいかもしれません。

  • 【2】「このホテル、女の子からの評判いいんだけど行ってみる?」

    「何回も来てるんだろうな、と思うと引きます」(30代女性)というように、ホテルに誘うときに他の女の子を話題に出してしまうと幻滅されるようです。もし行ったことがあっても、「友達に聞いたんだけどお風呂が広くていいらしいよ!」などと、来たことない振りをしたほうがいいかもしれません。

  • 【3】「実はさっき大人のおもちゃを買ったんだけど使ってみない?」

    「下品すぎて無理です」(20代女性)というように、そもそもホテルに入ることすら決まっていないのにアダルトグッズを使う気満々だとドン引きされるようです。どうしてもエッチなおもちゃを使いたいならば、ラブホに入ることが決定してから「バイブって使ったことある?」などと、徐々に話を振っていくといいかもしれません。

  • 【4】「うちに来るのとラブホ、どっちがいい?」

    「なんでその二択なのかが理解不能」(20代女性)というように、エッチをすることを自分の中で決めつけてしまうと愛想を尽かされるようです。二人で夜遅くまでデートしていた場合は、まず泊まっていくか家に帰るかを聞いた方がいいかもしれません。

  • 【5】「僕と体力勝負してみない?(笑)」

    「一瞬何のことだかわからないし、冗談だとしても笑えない」(30代女性)など、まるでエッチをスポーツかのように言うと、女性はシラケるようです。もし、あなたが体力に自信があるのなら「最近、体鍛えてるんだ。触ってみる?」などと、別方向からアプローチしたほうがいいかもしれません。

  • 【6】「エッチしたいからラブホでも行こうか」

    「性欲のかたまりみたいで嫌!」(20代女性)と、あまりにも直球な言い回しも考え物のようです。デート中にボディタッチをしたりキスをしたりして、ムードを作ってから「我慢できなくなっちゃったから行きたい」と、ホテルに誘ったほうがいいかもしれません。

  • 【7】「『テクニシャン』ってよく言われるんだけど、試してみない?」

    「自分から『エッチがうまい』なんて言っちゃう人はたいてい大したことない」(20代女性)など、自信満々にホテルに誘うと女性の気持ちが冷めてしまうようです。「うまいかどうかはわからないけど、気持ちよくさせたいとは思うよ」と謙虚な姿勢でいるのが無難かもしれません。

  • 【8】「もし僕が『ホテル行こう』って言ったらどうする?」

    「私に委ねるような言い方がムカつく」(20代女性)と、男らしくない誘い方をすると女性はイライラするようです。ただ、女性の意思を確認することは大切なので「僕とホテル行ってくれる?」のような、YESかNOで答えられる質問ならばいいかもしれません。

  • 【9】「なんだか眠くなってきちゃった…」

    「女子みたいで気持ち悪い(笑)」(30代女性)と、ものすごく遠まわしな言い方をするとドン引きされるようです。「今日は結構飲んだから眠くなっちゃったね。ホテルでも行く?」などと、女性を気遣いつつホテルに誘うと好感度もアップするかもしれません。

自己中心的な誘い方をすると女性に引かれてしまうようです。ホテルに誘うためにはムード作りが重要でしょう。ラブホテルに入る前だけ気合いを入れるのではなく、「この人ならエッチしてもいいかな」と思ってもらえるように、デート中は常に彼女を気遣ったほうがいいかもしれません。(A4studio)
Photo:All images by iStock