チョコが欲しい!バレンタイン直前の好感度アップ作戦9パターン


「義理チョコでもいいからチョコが欲しい!」と思ったとき、直前でも何かできることはないのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「チョコが欲しい!バレンタイン直前の好感度アップ作戦」をご紹介します。

  • 【1】親身になって悩み事の相談に乗る

    「相談に乗ってくれた人には、お礼の気持ちで渡すと思う」(20代女性)というように、「優しくしてくれてありがとう」の意味を込めて義理チョコを用意する女性は多いようです。相談事に限らず、愚痴電話に付き合うなど、まずは女性に優しく接するところから始めてみましょう。

  • 【2】上司の前で仕事のミスをフォローする

    「困ってるときに助けられると、感謝の気持ちがわいてくる」(20代女性)というように、、義理チョコには「いつもお世話になっています」という意味もあるようです。後輩に親切な指導をしたり、ミスをかばったりして男気を見せれば、良い結果が得られるのではないでしょうか。

  • 【3】夜中のメッセージにもマメに対応する

    「自分を気にかけてくれる人にはチョコをあげたくなる」(20代女性)というように、多少非常識な時間の連絡にも丁寧に応えると、女子からの株が上がるようです。夜中の「いいね」や「リツイート」なども、「構ってちゃん」からは喜ばれそうです。

  • 【4】「母親以外からチョコが欲しい」と冗談を言う

    「そんなかわいいこと言われたら、思わずあげたくなっちゃうかも」(10代女性)というように、母性本能をくすぐる軽口は、義理チョコゲットの近道かもしれません。ただし「誰でもいいから」などと言うと反感を買いやすいので、「女子からチョコをもらってみたい」という部分を強調しましょう。

  • 【5】出張や旅行先からお土産を買って帰る

    「義理チョコはお返しにちょうどいい」(20代女性)というように、義理チョコを一種の「プチプレゼント」と捉える女性もいるようです。「お返し」狙いで攻めるなら、ランチをご馳走するなどの行為も対象になるのではないでしょうか。

  • 【6】飲み会の幹事など面倒な役を買って出る

    「みんなが嫌がることをしてくれる人は貴重!」(20代女性)というように、義理チョコに「お疲れさま!」の意味が込められるケースです。幹事をして一緒に飲めば距離も縮まりやすいので、一石二鳥と言えるかもしれません。

  • 【7】快く残業に付き合って遅くまで仕事を手伝う

    「バレンタインは、お世話になってる同僚に感謝の気持ちを表すチャンス」(20代女性)というように、人も減ったオフィスで仕事を手伝うと、親近感も生まれ、「何か気持ちを返さなきゃ」とチョコを意識してもらえるかもしれません。「困ったときはお互い様だよ」などと、何でもないことのように言うと、感激する女子もいるのではないでしょうか。

  • 【8】飲み会の帰りに「遅いから」と送っていく

    「意識してない相手でも、キュンとしちゃうかもしれない」(20代女性)というように、「か弱い存在」として紳士的に接せられると、どんな女性でも悪い気はしないようです。ただし、家の前まで送ると「下心あり!?」と誤解されることもあるので、マンションの前までタクシーで送るなど、警戒されないラインを探りましょう。

  • 【9】甘いもの好きを公言して、スイーツ情報を提供する

    「『初上陸のチョコが買えるらしい』とか耳寄りなネタをもらったら、あげるしかないでしょ(苦笑)」(20代女性)というように、バレンタインに関するお役立ち情報を渡すと、その対価として義理チョコが期待できるかもしれません。多少強引な手ではあるので、「オレも食べたいなー」などと冗談っぽく迫るといいでしょう。

義理チョコをもらうためには、さまざまなシーンで感謝の気持ちを引き出す必要がありそうです。同じ職場や学校ならチャンスは無数にあるので、それを逃さず行動しましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年10月10日から16日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock