狙いはどこに?女子がせっせと義理チョコを配る理由9パターン


バレンタインデーに、たいして親しくもない女の子から義理チョコを渡されて「なぜ自分に?」と疑問に思った経験はありませんか。その真意は、意外なところにあるのかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「狙いはどこに?女子がせっせと義理チョコを配る理由」をご紹介します。

  • 【1】今は眼中になくても、いつか「恋人予備軍」に昇格したときに備えておきたいから

    「よほどひどい人でない限り、『将来の旦那様候補』として丁重に扱っておく方針です(笑)」(20代女性)というように、未来に向けた「種まき」の意味合いでチョコを配るケースです。少なくとも「悪くない男性」と思われていることは確かなので、喜んで良いでしょう。

  • 【2】本命を悟られないようにカモフラージュしておきたいから

    「部長を好きなのがバレるとイヤなので、サークルの男子全員に配った」(10代女性)など、狙っている男子がわからないように偽装工作している可能性もあります。要するに「誰でも良かった」ということなので、本気にしないほうが良いでしょう。

  • 【3】単にもらえない男性がかわいそうだから

    「義理でも女性からもらうと嬉しいんじゃないかと思って」(20代女性)というように、慈善事業の一環として配る女性もいるようです。プライドは傷つくかもしれませんが、好意は好意なので、気持ち良く受け取ったほうが良いかもしれません。

  • 【4】せっかくのイベントを盛り上げたいから

    「1年に1度のチャンスだからと、金に糸目を付けずに大量購入してまき散らかしちゃいます!」(20代女性)など、お祭り感覚で大盤振る舞いするケースです。お祭りに参加するつもりで、有り難く受け取っておきましょう。

  • 【5】「ホワイトデーにはガッチリ返してもらいまっせ」と期待しているから

    「『この人なら、きっと素敵なお返しを用意してくれるはず』と思う相手にはつい奮発してしまう」(20代女性)というように、リターンを見越して投資する女性も多そうです。義理チョコにしては少し気合いが入っている場合は、お返しを念入りに選ぶ必要があるかもしれません。

  • 【6】「引き続きよろしく!」という社交辞令の機会だから

    「遅めの年賀状みたいな気持ちで渡してます」(10代女性)など、知り合いとしてのあいさつ代わりにバレンタインを利用する人もいます。気心の知れた友人なら、「今度昼飯おごるよ」くらいの気楽なお返しがふさわしいでしょう。

  • 【7】周りの女の子もあげているので、協調性を示したいから

    「正直、私一人があげないと悪目立ちすると思う」(20代女性)というように、周囲と足並みをそろえるために、付き合いとして義理チョコを配るパターンです。消極的な理由でもらったチョコには、奇をてらわずに、無難な品でお返しするのがお互い身のためでしょう。

  • 【8】「お世話になってます」という職場でのコミュニケーションツールと考えているから

    「日ごろの感謝をアピールするために、上司や同僚にソツなく配るようにしている」(20代女性)など、円滑な人間関係のためにチョコを使う女性もいるようです。相手との関係によりますが、お返しもほどよい金額のものをスマートに渡したいものです。

  • 【9】「女子として義務を果たすだけの責任感はあります」と表明しておきたいから

    「義理チョコも渡さずにいると、ギスギスした余裕のない女だと思われそう」(20代女性)というように、女の子としての「やる気」を示す意味合いで、義理チョコ配りにいそしむ人もいます。その場合は男子のほうも、きっちりとホワイトデーに義務を果たす必要がありそうです。

義理チョコには、実にいろいろな思惑が詰まっているようです。女性の真意を読み取って、それぞれにふさわしいお返しを用意すると良いかもしれません。(倉田さとみ)
Photo:All images by iStock