もうひと押しで付き合えそうな女性を揺さぶる短いLINE9パターン


女性と親しくなるツールとして便利なLINEですが、「ちゃんとした文章を考えるのが面倒」と苦手意識を持つ人も多いでしょう。それならいっそ、短文で勝負をかけたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に、「もうひと押しで付き合えそうな女性を揺さぶる短いLINE」をご紹介します。

  • 【1】それまでの会話の流れとは無関係に「ねえ、○○(下の名前やアダ名)」

    「いきなり名前を呼ばれるとすっごくドキドキする」(10代女性)というように、相手の「名前」を呼びかけるだけで、好意をほのめかす効果があるようです。「次に何を言うんだろう?」と期待させる形になるので、状況に応じてポジティブな言葉を付け加えましょう。

  • 【2】相手が学校や会社を休んだ日に「今日いなかったけど、どうしたの?」

    「気にして見てくれてるんだ、と思って嬉しい」(10代女性)というように、相手の不在を心配する問いかけで、女性に意識してもらう作戦です。毎日顔を合わせるものの、まだ距離感のあるクラスメイトや同僚に親近感を持ってほしい場合に使うとよさそうです。

  • 【3】飲み会の解散後に「ちゃんと帰れた?」

    「心配してくれてる感じにジーンと来る」(20代女性)というように、飲み会のあとにフォローの一言があると、「特別扱い」を感じる女性は多いようです。相手の無事を確認したら、「ちょっと心配だった。また明日ね!」など、爽やかに締めると好印象でしょう。

  • 【4】何気ないやり取りが盛り上がったとき「電話にしようか」

    「『声が聞きたい』って言われたらテンション上がる」(20代女性)というように、メッセージのやり取りに加えて「通話」を提案するのも、女性を喜ばせるようです。ただし一定以上の好意を持たれていない場合は「面倒くさい」と思われるだけなので、空気を読みましょう。

  • 【5】次に会える日について話をしながら「待ちきれないわ」

    「いきなりそうきたか…って感じでドキドキしますよね(笑)」(10代女性)というように、「会える日」を楽しみにしている気持ちを伝えて「恋愛」を意識させる方法です。次に会う日まで数日残したタイミングだと、じわじわと気分が盛り上がるでしょう。

  • 【6】デートに誘えそうなチャンスを見計らって「今日空いてる?」

    「お誘いが来た?ってワクワクする」(20代女性)というように、いきなり「今日の予定」を尋ねる言葉を投げかけて、デートの前振りを予感させるパターンです。「空いている」と返事が来たら、「お茶しよう」「食事に行こう」などと親密度にあわせたプランを提案するとよいでしょう。

  • 【7】一週間以上顔を見ていないのであれば「会いたい」

    「言われて一番嬉しいセリフはやっぱこれ」(10代女性)というように、ストレートに好意を伝える一言として、「会いたい」はインパクトが強いようです。切実感に耐えかねている様子を上手にアピールすれば、乙女心を甘く射抜くことができるでしょう。

  • 【8】話が終わるタイミングで「また明日も話したい」

    「おやすみの前に一言あると安心します」(10代女性)というように、その日のやり取りを終える前に「また明日」などの一言があると、女性はしみじみ嬉しい気持ちになるようです。「今日も楽しかった」と感謝の気持ちを表すのも心に響くでしょう。

  • 【9】雲のない夜に「今、月がキレイだから見てみて」

    「こういう文学的なセリフを言われたい」(10代女性)というように、古典的な告白のセリフを応用した一言で、ロマンチックな二人の関係を演出するパターンです。相手の好きな小説や映画を調べて、作中の印象的なセリフを引用してみるのもよいでしょう。

短くても的を射た一言は、長いセリフよりも雄弁に気持ちを伝えることがあるもの。タイミングよく使って、女性のハートをドキドキさせてあげましょう。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年10月10日から16日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock