社内恋愛のチャンスを遠ざける「同僚女性に不人気な話題」9パターン


仕事の合間のおしゃべりがきっかけで、同僚女性と親しくなるのはよくあること。社内恋愛を期待するなら、単なる雑談であっても、慎重に内容を吟味する必要がありそうです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「社内恋愛のチャンスを遠ざける『同僚女性に不人気な話題』」をご紹介します。

  • 【1】「昨日は日本酒を一升空けた」など、まるで羨ましくない自慢話

    「『すごいですね』と当たり障りのない返答をするのみ!何アピールなのよ?」(20代女性)というように、女性の心にまったく響かない武勇伝は、軽くスルーされてしまいそうです。「お酒は好き?」などとすぐに軌道修正して、会話をやり直しましょう。

  • 【2】「今年の秋期キャンプはin高知!」など、ひいきの野球チームの話

    「野球が何人でやる競技かも知らない私に、ディープな話題を振られても…」(20代女性)というように、スポーツに縁遠そうな女性にファン談義を持ち掛けても、ただ困らせるだけかもしれません。逆に相手も同類なら一気に盛り上がる可能性もあるので、事前のリサーチが必要でしょう。

  • 【3】「あの人はやっぱりカツラらしい」など、芸能人の噂話

    「『だったら何なの?』と言いたいのをグッとこらえて、華麗に退散!」(20代女性)というように、ゴシップは好みが大きく分かれそうです。芸能ネタなら乗ってくる女性もいるかもしれませんが、社内の噂話は厳禁だと考えておいて間違いはないでしょう。

  • 【4】「今朝の血圧」など、他人にはどうでもいい健康の話

    「体調の話をされたら、恋愛に発展する可能性はぐんと減ると思う」(10代女性)というように、色気のない話題も避けたほうが無難でしょう。特に、相手と年齢差がある場合は、男としてではなく「年長者」にしか見られなくなる危険がありそうです。

  • 【5】「今週のG1は荒れるな」など、独り言のような競馬予想の話

    「この人、デート中でもレース結果を追いかけそう…と呆れてしまった」(20代女性)というように、ギャンブルの話題にアレルギーを示す女性は意外と多いもの。恋愛対象外にされたくなければ、避けたほうがいいかもしれません。

  • 【6】「…で?」としか答えようがない、今日のランチの摂取カロリーの話

    「どう反応してほしいのかよくわからない…。ツイートでもすれば?」(10代女性)というように、自分にとっては驚きや発見があるテーマでも、女性の興味を引くとは限りません。聞く側を楽しませようとするサービス精神も必要でしょう。

  • 【7】「ボーナスが出たら欲しいモデルガン」など、マニアックな趣味の話

    「一方的に話を聞かされてイライラした。貴重な休憩時間を返せ!」(20代女性)というように、興が乗っておしゃべりが止まらなくなり、煙たがられるパターンです。相手をよく知らないうちは、共通の話題を提示したほうが会話が成り立ちやすいでしょう。

  • 【8】「高校時代のデートスポット」など、知る由もない男性の地元の話

    「本人は懐かしさでいっぱいなんだろうけど、独りよがりに感じてしまった」(10代女性)というように、同郷でない女性に思い出話を語っても、いい反応は得られなそうです。マズイと思ったら「誰にでもそういう場所ってあるよね」と一般論に落とし込んで、早めに話題を変えましょう。

  • 【9】なぜ自分に話して聞かせるのか意味不明な、元カノの話

    「別れた彼女が忘れられないって、そんな重い話を私にされても困ります!」(20代女性)というように、恋愛話を持ち出すのは、親しくなってからにするのが礼儀でしょう。もし話す場合でも、「この人と付き合ったら最悪…」と思われないよう、明るい逸話を選んだほうがよさそうです。

「自分が聞く側だったら楽しめるか」を念頭に置くと、判断しやすそうです。いつ恋が芽生えるかわからないので、現時点で相手に気がなくても、油断しないようにしましょう。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2014年7月1日から3日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock