「彼女を作るぞ!!」と恋愛スイッチを入れる方法9パターン


恋人がいないフリーの期間が長くなると、恋愛に力を注ぐのが面倒になるという人もいるかもしれません。そんな自分を変えたいなら、思い切って行動習慣を変えることから始めてみましょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性177名に聞いたアンケートを参考に「『彼女を作るぞ!!』と恋愛スイッチを入れる方法9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】あえてレジャースポットへ行き、道行くカップルの幸せオーラを浴びる

    「『うらやましい気持ち』を充電すれば積極的になれる」(10代男性)というように、ラブラブな同世代の男女を見て自らを刺激するパターンです。休日の散歩コースに人気デートスポットを入れるなど、嫌でもカップルの姿が目に入るような習慣を作りましょう。

  • 【2】身だしなみに投資して、容姿に自信を持つ

    「自分磨きを頑張ると何事も前向きになれるから」(10代男性)というように、見た目から「新しい自分」に変身することで、恋愛への考え方も変えてしまう方法です。サワヤカ路線にチェンジするなど、せっかくなら女子受けを意識したほうが効果があるでしょう。

  • 【3】恋愛映画を観て、登場人物に思い切り感情移入する

    「乾いた心に栄養を与えて、恋する気持ちを思い出す」(20代男性)というように、映画で恋愛を疑似体験すれば、自然と彼女が欲しくなりそうです。ドロドロの恋愛ドラマよりも、コメディタッチの作品を選んだほうが観賞後に明るい気分になれるでしょう。

  • 【4】バイトやサークルを始めて、女性と触れ合う機会を増やす

    「やっぱり周りに女性がいないと話にならないから、行動範囲を変えないと」(20代男性)というように、異性が多い環境に身を置けば恋愛に「当事者意識」を持てるかもしれません。新たな場所で女性からの好感を集めるには、「初日」が勝負になるでしょう。

  • 【5】友だちのカップルと遊び、ノロケ話をリクエストする

    「恋人を作るメリットを教わりたい」(10代男性)というように、幸せ真っ盛りな友だちの恋愛論を学んで、自ら影響される作戦です。人脈の広いカップルと一緒に遊び、彼女ぐるみで親しくなれば、女友達を紹介してもらえるかもしれません。

  • 【6】ダイエットなどの禁欲生活を始め、自分を追い込む

    「ハングリー精神を養えば行動的になれそう」(20代男性)というように、あえて自分を欲求不満な状態に置くことで、恋愛への瞬発力を高める人もいます。二次元の恋愛に走ってしまいそうなら、スマホやパソコンは封印しましょう。

  • 【7】浮ついた合コンに参加して、軽いノリを身につける

    「考えすぎて彼女ができない状態から抜け出せるかも」(20代男性)というように、ゲーム感覚の「恋の現場」に行って、柔軟性や積極性を身につけるパターンです。あえて肉食系の男女が集まる合コンに参加して、とことん恋愛に前のめりな姿勢を学びたいところです。

  • 【8】元カノとの思い出の品を捨て去り、気持ちをリフレッシュする

    「過去の恋愛を引きずっていると、なかなか前に進めないから」(10代男性)というように、強制的に次の恋愛に向かうために、元カノとの思い出を消してしまう男性もいます。「次はもっと素敵な恋をする」と心に誓い、前向きな気持ちで過去を整理しましょう。

  • 【9】「彼女ができたらしたいこと」を脳内シミュレーションする

    「楽しい妄想をすると恋愛モードになれる」(20代男性)など、新しい彼女とのアレコレを想像すれば自然と「実現する方法」も考えてしまうものです。アイドルや芸能人ではなく知り合いの女性を恋人に設定するなど、現実感のある想像をめぐらせましょう。

総合的に、頭の中で考えるだけより、周囲の環境を変えてしまうほうが恋愛モードに火がつきやすいようです。勇気を出して新しい彼女に出会いに行きましょう。(浅原聡)


【調査概要】
期間:2014年9月9日から16日まで
対象:合計177名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock