「浮気の衝動」を抑えるべき瞬間9パターン


望むと望まないにかかわらず、異性との出会いは人生のあらゆるシチュエーションに潜んでいるもの。大切な彼女がいる男性にとって、不意の出会いは「浮気」の危険をはらんだピンチでもあります。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に、「『浮気の衝動』を抑えるべき瞬間」をご紹介します。

  • 【1】知り合いの女性から「ちょっと二人で話したい」と誘われたとき

    「用件がなんであれ、軽くワクワクしてしまう」(20代男性)など、女性からお誘いを受けると「何か」を期待してしまうのは男性のサガのようです。自制心が緩まないように、「お酒は飲まない」「帰る時間を決めておく」などのルールを設けて応じましょう。

  • 【2】人数合わせで合コンに参加し、思いがけず気の合う女性と出会ったとき

    「相手がその気だと流されそうになる」(20代男性)など、自分的には「人数合わせ」のつもりでも、相手はそう思ってくれないのが合コンという状況です。女性を惑わせないためにも、そもそも「彼女がいるなら参加しない」という鉄則を厳守するべきでしょう。

  • 【3】かつて気になっていた女性から「彼氏と別れた」と聞かされたとき

    「当時の気持ちを思い出してハッとする」(20代男性)など、以前好きだった女性からフリーだと聞かされて、一瞬にして好意が蘇るケースは少なくないようです。一時的な感情に身を任せず、自分が本当に好きな相手は誰なのかを冷静に思い出しましょう。

  • 【4】飲み会で周囲のメンツが先に帰り、女性と二人きりで残ってしまったとき

    「相手も酔ってて妙な雰囲気になる」(20代男性)など、飲み会の流れで女性と二人きりになると、お酒の勢いで間違いが起こりやすいようです。あらかじめ「帰宅するときLINEする」と彼女と約束するなど、冷静さを保つための予防線を張っておくとよさそうです。

  • 【5】フラれたばかりの女友達に恋愛相談をされ、弱々しい姿を見せられたとき

    「『俺が守らなきゃ』みたいな気持ちになる」(20代男性)など、女性に弱みを見せつけられて衝動的に保護欲が湧き上がるケースもあるようです。恋愛相談を受けるときは別の女友達にも同席してもらうなど、二人きりにならないほうがよいでしょう。

  • 【6】女性が接客してくれる「夜のお店」に飲みに行き、チヤホヤされたとき

    「まっすぐ家に帰るのが嫌になる」(20代男性)など、夜のお店で女性にチヤホヤされて、野性の本能にスイッチが入ってしまう男性も多いようです。お店を出たら即座に電話して彼女の声を聞くなど、すばやく現実に戻るための工夫をするとよさそうです。

  • 【7】好きなイベントに参加して、共通の趣味を持つ女性と出会ったとき

    「彼女以上に相性の良さを感じるとヤバい」(20代男性)など、同じ趣味やセンスを持つ女性と出会うことで、気持ちが揺れるケースです。あくまでも「趣味の友達」としての一線を守れる自信がないなら、早めに距離を置いたほうがよいかもしれません。

  • 【8】男同士で遊びに行った先で、同じような女性グループと知り合ったとき

    「その場のノリでハメを外しそうになる」(20代男性)など、男友達と遊びに出かけたはずが、グループナンパ的な展開になるパターンもあるようです。早い段階で「彼女がいる」と宣言して、恋愛対象から外れることを心がけましょう。

  • 【9】近所の居酒屋で一人で飲んでいて、同じ立場の女性に話しかけられたとき

    「流れでもう一軒になると危ない」(20代男性)など、一人きりでお酒を飲んでいるときに不意の出会いが訪れると、浮気心を催しやすいようです。一期一会の会話を純粋に楽しんだら、お酒に飲まれないうちに席を立ちましょう。

「自分は浮気なんてしない」と固く決意している男性でも、思わず信念が揺らぐシチュエーションはあるものです。知らず知らずのうちにピンチに陥ったら、冷静に脱出する手段を講じましょう。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock