頼りないのになぜかモテる「母性本能をくすぐる男」の特徴9パターン


「頼り甲斐があること」は、理想的な彼氏の条件のひとつですが、逆に「誰が見ても頼りないのにモテる」という男性も少なからず存在します。その理由はどこにあるのでしょうか?そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に、「頼りないのになぜかモテる『母性本能をくすぐる男』の特徴9パターン」をご紹介します。

  • 【1】いつも明るくポジティブで、失敗しても笑顔を絶やさない

    「ミスしてもへこたれないと、フォローしてあげたくなる」(20代女性)というように、失敗しても前向きに挑戦を続けられる男性は、周囲の女性に「応援したい」と思われるようです。とはいえ、何をやっても進歩がないとただのダメ男になってしまうので、失敗を糧に前進したいものです。

  • 【2】ものすごく不器用でも、一生懸命さだけは周囲に伝わる

    「ヘタでも頑張る姿を見るとキュンとくる」(20代女性)というように、苦手だからといって諦めたりせず何事にも本気で取り組む姿勢は、女性のハートを掴むようです。ヒーローになれなくても、地道に努力する様子は、きっと誰かが見てくれるでしょう。

  • 【3】わからないことを人に聞ける素直さがある

    「色々教えてあげるうちにかわいくなってくる」(20代女性)というように、できないことを隠さず謙虚に教えを乞うことで、母性本能をくすぐるケースです。変にプライドが高いより、柔軟に話を聞ける男性のほうが女性の懐に入りやすいのかもしれません。

  • 【4】「犬が苦手」「怖い話が苦手」など、わかりやすい弱点がある

    「弱みを見せられると親近感が湧く」(20代女性)というように、「苦手なこと」がハッキリしていると、女性は親しみを感じやすいようです。あえて弱さをアピールすることで、自然体で付き合える関係が築きやすくなる場合もありそうです。

  • 【5】情けないほど気が弱いが、誰にでも分け隔てなくとことん優しい

    「威圧感ゼロ。とにかくそばにいて安心できるのがいい」(20代女性)というように、男らしさとは無縁でも、徹底的に優しさをアピールすることで女性に居心地の良さを与えるパターンです。怒る姿が想像できないくらいの柔和さを保ち続ければ、どんな女性からも接しやすいと思ってもらえるでしょう。

  • 【6】感動的な映画を観てすぐに泣くなど、感情の変化がわかりやすい

    「子供っぽくてかわいい。頭を撫でたくなる」(20代女性)というように、自分の感情を素直に表現できる男性も、女心を射抜くようです。怒りなどの負の感情ではなく、あくまでも女性が共感できる心の動きを見せましょう。

  • 【7】栄養が偏っていてガリガリに痩せているなど、生活能力に不安がある

    「私が面倒見てあげないと!っていう気になる」(20代女性)というように、「放っておくと生活がヤバそう」な男性を、つい助けてあげたくなる女性は多そうです。とはいえ、「仕事だけは有能」などプラス要素と組み合わせないと、魅力は伝わりにくいでしょう。

  • 【8】誰かに遊びに誘われると、絶対に断らず素直についていく

    「なんだかんだで誘いやすいから、気がつくとそばにいる」(20代女性)というように、ズバ抜けて付き合いがいい男性は、女性特有の「心の垣根」を通過しやすいようです。イエスマンになる必要はありませんが、愛玩動物キャラとして振る舞うと喜んでくれる女性もいるでしょう。

  • 【9】お酒に酔うと人懐こくなるなど、甘え上手である

    「気が付くと懐に入ってくる感じ」(20代女性)というように、絶妙なタイミングで女性に甘えられるのは、マッチョの対極にある男性ならではの特権のようです。こればかりは天性の才能が問われますが、酔っていても下心を感じさせない振る舞いができれば、大胆なことをしても笑って許してもらえるでしょう。

男の「頼りなさ」も考え方次第ではプラス要素になるようです。自分の個性を活かして、愛される人間になることを目指したいものです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年7月1日から2日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:Wavebreakmedia Ltd/Lightwavemedia/Thinkstock