恋人未満の女の子もOKしやすい「クリスマスのお誘い」9パターン


勇気を出してデートに誘っても、「クリスマス」という特別なタイミングでは、身構えてしまう女の子が多いもの。気軽にOKをもらうためには、どのような誘い方を心掛けるといいのでしょうか。そこで今回は10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「恋人未満の女の子もOKしやすい『クリスマスのお誘い』」をご紹介します。

  • 【1】「暇ならちょっとだけお茶しようよ」など、時間限定で誘う

    「夕方までとか、お昼だけならOKしやすい」(20代女性)というように、解散時間をハッキリさせて、心理的なハードルを下げる方法です。ただし、街に出たらどこの店も大混雑している可能性があるので、当日までに下調べや予約を済ませておきたいところです。

  • 【2】「イルミネーションだけは見ておきたいね」など、目的を一つに絞る

    「『せっかくだし、目におさめたいかも』と軽いノリで出掛けられます」(10代女性)というように、何をするのかを具体的に挙げてあげると、女の子も乗りやすくなるようです。人ごみを活かして「はぐれないように」と手をつなぐなど、チャンスをモノにしましょう。

  • 【3】「今度の週末、ゴハンどう?」など、クリスマスという単語を使わずに予定を聞く

    「OKしたあとで『ハッ、クリスマスだっ』て気づいた(笑)」(20代女性)というように、曜日指定でデートに誘って、相手に意識させない作戦です。不自然だと思われないよう、普段から「曜日」で日にちを表現する習慣を印象付けておくといいでしょう。

  • 【4】「ビンゴするけどくる?」など、グループで楽しむイベントを企画する

    「あまり考えずに『いくいくー!』って答えちゃいます」(10代女性)というように、複数で集まる場所に誘うと、女の子も気軽に参加してくれそうです。時間に余裕があるようなら、ゲームや料理の仕込みから協力してもらうと、親密度が一気に高まるでしょう。

  • 【5】「姪っ子へのプレゼントにアドバイスくれる?」など、手助けを頼む

    「イマドキの小さい子のファッションは私もよくわからないけど、人助けだと思って…」(20代女性)というように、助言を求めることを口実に、街へ誘い出すパターンです。嘘くさくならない「お願いごと」を用意するところから始めてみましょう。

  • 【6】「クリスマスの街から脱出しない?」など、アンチクリスマス的な提案をする

    「クリスマスに背を向ける共犯者みたいで、楽しい(笑)」(20代女性)というように、あえて「カップルで過ごすこと」を否定する言い方で同意を求める手もあります。アンチクリスマスのはずが、「いい雰囲気」に持ち込めたらラッキーでしょう。

  • 【7】「恋人いないメンバーで語りますか!」など、自虐的なスタンスで共感を呼ぶ

    「『お付き合いを前提に』とかガツガツされるより、気楽」(10代女性)というように、仲間としての「語り」を前提にすれば、気負いなく応じてもらえるかもしれません。ひとしきりしゃべって盛り上がったら、二次会やカラオケに繰り出してどんどん距離を縮めましょう。

  • 【8】「串揚げ食べに行こう」など、クリスマスと縁遠い用事をつくる

    「好きな食べ物だし、下心なさそうなのでOKしやすいです」(20代女性)というように、クリスマスに空いていそうなグルメの「名店」に案内するのもおもしろそうです。「和の要素」が詰まった場所がねらい目ではないでしょうか。

  • 【9】「この前のお返しさせて!」など、頼みごとのお礼を装う

    「デートではなく、お礼という名目なら…」(20代女性)というように、返礼というカタチであれば、女の子もためらいなく応じてくれそうです。そのためには、事前にそれらしき頼みごとを仕込んでおきましょう。

経緯はどうあれ、「クリスマスを二人で過ごした」という既成事実があれば、そののちうまくいく可能性は高そうです。(外山武史)
Photo:RossHelen/iStock/Thinkstock