「恋人未満」でデート中、女性から告白したくなる瞬間9パターン


いい雰囲気になっているけれど、恋人関係には至っていない場合、デート中に女性のほうから「付き合って!」と切り出したくなる瞬間があるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に、「『恋人未満』でデート中、女性から告白したくなる瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】奥手な男性が、「告白するタイミング」を探ってもじもじしているとき

    「態度でバレバレなのにじれったいから仕方なく…」(10代女性)というように、告白したくてもできない男性を見かねて女性側から助け舟を出すケースです。優しい気遣いですが、「頼りない男」という印象が残るおそれもあるので、注意したいところです。

  • 【2】照れながらやや遠回しに「今、好きな人いる?」と聞かれたとき

    「そりゃあ、『あなたです』って答えるしかなかったので…」(10代女性)というように、男性からの勝負球を、ストレートに受け止める女性もいます。女性の勇気に乾杯ですが、二人でデートするほどの関係においては、誘導尋問のようなずるさを感じさせるリスクもあるでしょう。

  • 【3】「理想の彼女のタイプは?」と質問して、自分にあてはまる条件を聞かされたとき

    「『ショートヘアで、気が強い子』ってまんま自分だと思ったので『じゃあ付き合って』と迫りました」(10代女性)というように、「好みの異性」の話から一気に進展する場合もあります。デート中にこの手の質問を受けたら、慎重に応じる必要がありそうです。

  • 【4】「ほかの女性から積極的に押されている」という話を聞かされたとき

    「ほかの子に取られる前に確保しないと!と焦りました」(20代女性)というように、競争相手の存在を知った瞬間、先手必勝の作戦に出る女性もいます。とはいえ、デート相手にそのまま伝えるのは不誠実なので、言い方を考えましょう。

  • 【5】二人きりでお酒を飲んで酔っぱらい、テンションが上がりすぎたとき

    「好意のある相手と二人で飲んだら素直になっちゃう」(20代女性)というように、酔っ払って正直な気持ちをポロッと伝えてしまうケースです。ある意味で王道ですが、泥酔していて本人が覚えていない可能性もあるので、日を改めて自分からも告白し直しましょう。

  • 【6】さりげないスキンシップを繰り返して、拒絶されないことを確信したとき

    「相手の肩にもたれかかったりして、拒否られなければ」(20代女性)というように、デート中の距離感を確かめたうえで、女性から一歩踏み出すパターンです。腕をからませるなど「もしかして…?」というサインがあったら、素直に受け入れたほうがいいでしょう。

  • 【7】キレイな夜景が見えるスポットで、いいムードの沈黙が続いたとき

    「ロマンチックな景色に酔って、自分から言っちゃいそう」(10代女性)というように、雰囲気のいいデートスポットで気分が高揚し、告白を決心するケースです。ただし、男性側も条件は一緒なので、できれば自分からリードしたいところです。

  • 【8】デート終盤に、サプライズのプレゼントを渡されたとき

    「プレゼントが素敵だったら、お礼に私から言葉にする」(20代女性)というように、気持ちのこもったプレゼントに感極まって、自分から思いを打ち明ける女性もいます。そのためには、「思わず好きだと言いたくなるようなプレゼント」を用意する必要があるでしょう。

  • 【9】丸一日充実したデートを過ごしたあと、「まだ一緒にいたいね」と言われたとき

    「ズルズルした関係でいるより、はっきりさせたかったので」(20代女性)というように、デートの終わり際に引き止めたがる男性に対して、自分と付き合う気があるのか決断を迫るケースです。遊び半分の気持ちではないことを問われていると心得ましょう。

屈託なく自分から告白できる積極的な人もいますが、多くの女性は、男性のリードを期待しているもの。できれば自分のほうから切り出したいところです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年4月10日から15日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock