「よかったらゴハンでも」と誘いたくなる男性社員の特徴9パターン


デートやディナーと比べると、誘うときのハードルが低いランチ。女性の同僚がいれば、自分から声をかけるのもいいですが、できれば向こうから「一緒にどう?」と誘ってもらえる男性になりたいものです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「『よかったらゴハンでも…』と誘いたくなる男性社員の特徴」をご紹介します。

  • 【1】サービス精神が旺盛で、とにかく話が面白い

    「美味しく食べて、笑って帰ってこれそう」(20代女性)というように、普段から周りを楽しませている男性は、女の子から誘われるチャンスも多そうです。いつ誘われても期待を裏切ることがないように、鉄板ネタをいくつか用意しておくといいかもしれません。

  • 【2】気持ちが真っ直ぐでハートが熱く、話すだけで元気をもらえる

    「私も頑張らなきゃと思う」(20代女性)というように、とにかくポジティブな男性も、「元気をもらいたい」と思っている女性から声をかけてもらえそうです。ただし、熱すぎてお説教までしてしまうと距離を置かれるのでほどほどにしましょう。

  • 【3】「困ったときの駆け込み寺」レベルで特定業務に長けている

    「何でも知っているので頼りになる」(20代女性)というように、何か得意分野を持っている男性は、「ランチしながら相談したい」と要望される場合がありそうです。専門分野に関する説明は、相手に分かりやすい言葉を選ぶと「教え上手」だと思ってもらえるでしょう。

  • 【4】OL顔負けの情報網で、おいしいランチにやたら詳しい

    「『私も連れてけ!』っていつも思ってます」(20代女性)というように、グルメな男性も女性から引っ張りだこのようです。「ここのサラダは九州直送の有機野菜を使ってるんだよ」などと女性の琴線に触れるお店紹介ができると一目置かれるかもしれません。

  • 【5】いつもニコニコしていて、「聞く力」がハンパない

    「静かに聞いてもらえるだけで癒される」(20代女性)というように、聞き上手の男性も、ランチのお供として求められやすい存在のようです。とめどない愚痴にも、自分の意見や批判を挟んだりせず、ただただ聞くことに専念しましょう。

  • 【6】「アロマ」「料理」など、女性が興味を持ちそうな分野に詳しい

    「『ハッカ油は虫除けに使える』とか、役に立つアドバイスをもらえるので重宝してます」(20代女性)というように、女性が関心を持っている領域の見識がある男性も、「ランチしながら話を聞きたい」と思われやすいようです。男らしくないという理由で隠している特技こそ、女性にアピールしてはいかがでしょうか。

  • 【7】「献血」「小説執筆」など、マニアックな趣味を持っている

    「刺されて血を吸われて何が楽しいの(笑)」(20代女性)というように、他人からすると謎すぎる趣味の持ち主も、興味津々の女性からランチに誘われるかもしれません。「○○歴20年」「受賞歴がある」など、趣味の域を超えるものならより興味を引けそうです。

  • 【8】よく見るとイケメンなのに、女性の影がまったくない

    「ゲイ疑惑があるので、確かめたい」(20代女性)というように、カッコいいけれど浮いた話がない男性というのも、女性にとって気になる存在のようです。ガツガツしている男性よりも、「女に興味があるか謎」くらいの人のほうが、誘いたくなるのかもしれません。

  • 【9】「誘ってくれたお礼だよ」と倍返ししてくれるほど気前がいい

    「おごりを期待しているんじゃなくて、気風の良さが素敵だと思います」(20代女性)というように、太っ腹な男性も声がかかりやすいようです。お財布事情もあると思いますが、ランチに誘われたときに気持ちよく支払うと株があがるでしょう。

仕事で頼りになる人や、謎めいたところを持っている人など、いろいろな「ランチに誘いたくなる男性」が登場しましたが、「話しかけやすいキャラ」であることが大前提かもしれません。(外山武史)


【調査概要】
期間:2014年6月3日から6月5日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock