女性が「逆プロポーズ」したくなる男性の条件9パターン


女性なら誰もが、愛する男性から熱烈なプロポーズを受けたいと夢見るもの。とはいえ、「理想の旦那様」に近い条件の男性が現れたら、待つのをやめて「自分から逆プロポーズしちゃえ!」と決意する場合もあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「女性が『逆プロポーズ』したくなる男性の条件」をご紹介します。

  • 【1】「年収1,000万円超」など、専業主婦でも許されそうな収入がある

    「憧れの主婦ライフを叶えてくれる男性は少なそうだから、稼ぎのいい人には食いつきます」(20代女性)というように、「高収入」に惹かれる女性は多いようです。ただし、「浮き沈みの激しい職業」だとみなされると、結婚相手としての評価は下がるかもしれません。

  • 【2】イケメンではないが、愛嬌があり誰からも好かれている

    「『どこか憎めない』って才能だと思うし、おじいちゃんになってもずっと愛せそう」(10代女性)というように、「イケメン度」は結婚相手の条件として優先順位が高くない場合もあります。女性にモテようと躍起になるより、魅力的な人間になるための努力をしたほうがいいでしょう。

  • 【3】「長男ではない」など、姑や小姑とのあつれきが少なそうな家庭環境である

    「家族に悩まされそうだったら、結婚は躊躇します」(20代女性)というように、結婚後したら避けては通れない夫の実家との付き合いにまで、考えを巡らせる女性もいます。「口うるさい姉だらけ」などのハンデがある人は、精神的に自立していることを理解してもらい、不利な条件は度外視してもらいましょう。

  • 【4】頼りがいがあり、困難に直面してもどんと構えていられる

    「責任感がある男性になら、『一生ついて行きます!』と約束できそう」(20代女性)というように、立派な大黒柱になれる器かどうかも重要そうです。女性の悩みに的確にアドバイスするなど、頼もしさを見せつける機会を逃さないようにしましょう。

  • 【5】不動産を複数所有しているなど、財産がある

    「財産目当てでは決してないけど、ないよりあったほうが心強いのは確か」(20代女性)というように、もしものときの安心材料があるのも有利でしょう。とはいえ、資産を絶対条件にする女性は少なそうなので、持っていなくても別の利点でカバーできそうです。

  • 【6】女性に対して誠実で、「浮気は裏切り行為」だと考えている

    「とにかく、浮気しない真面目な人がいい」(10代女性)というように、「自分を裏切らない人」であることも重視されるようです。日頃から不誠実な行いをしないようにして、「浮気はしない」という言葉に説得力を持たせましょう。

  • 【7】自分だけでなく、家族や友人に対しても思いやりに溢れている

    「愛情深い男性はいいお父さんになれそう。幸せな家庭が目に浮かびます」(20代女性)というように、温かい心の持ち主は、夫としてだけでなく父としても「見込みあり」だとみなされるようです。子どもや動物が好きな男性も、ポイントが高いでしょう。

  • 【8】「一流企業勤務」「公務員」など、安定した仕事に就いている

    「お金持ちじゃなくていいので、安心して暮らしていけることが一番大事」(20代女性)というように、生活の基盤をしっかり築ける男性は、結婚相手としての期待値が高そうです。将来にわたって定期的な収入がある程度約束される職業なら、企業規模は問題ではないでしょう。

  • 【9】お互いの価値観が似ていて、素の自分を理解してくれる

    「自然とわかり合えるような人に出会ったら、一生一緒にいたくなると思う」(10代女性)というように、自分にとって特別な男性だと感じられたら、女性は結婚を切望するようです。たとえ条件的に不利でも、「この人だ!」と思われる可能性は誰にでもあると言えそうです。

人間性だけでなく、経済力など、生活に深く関わる事柄も重視されるようです。足りない部分を地道に補いつつ、自分をアピールするといいでしょう。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2014年4月26日から27日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock