新学期に再会して「カッコ良くなった」と感じる男子の特徴9パターン


「男子三日会わざれば刮目して見よ」という言葉のごとく、気になるあの女子と久しぶりに顔を合わせる新学期は、「成長した自分」をアピールできる絶好のチャンスかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に、「新学期に再会して『ちょっとカッコ良くなった?』と感じる男子の特徴9パターン」をご紹介します。

  • 【1】部活やスポーツに打ち込んで、「体つきがたくましくなっている」

    「半袖から伸びる腕に思わず目がいっちゃう」(10代女性)というように、肉体的な成長ぶりを密かにチェックしている女性は多いようです。男らしく引き締まった筋肉を見せつけるためにも、夏休み中にしっかりトレーニングをするといいでしょう。

  • 【2】海や山などアクティブに行動して、「肌が健康的に日焼けしている」

    「よく焼けている肌を見ると、充実した夏だったんだろうなって想像しちゃいます」(10代女性)というように、健康的に日焼けした肌は、夏休みをアクティブに過ごした様子を思い起こさせるようです。インドア派なら、「実はアクティブ?」とイメチェンするいい機会になるでしょう。

  • 【3】いつもつまらなそうだった表情が変わって「笑顔が目立っている」

    「表情が明るくなってると、なんか気になります」(10代女性)というように、弾けるような笑顔を見せると、「何かが変わったかも?」と振り向く女子が多くなりそうです。話しかけやすいキャラクターだと思われて、会話のきっかけも増えるかもしれません。

  • 【4】一人旅やアルバイトなど新しい経験を積んで「知らない世界の話をしてくれる」

    「『メキシコでスペイン語学校に通ってた』とか聞くと食いついちゃいます」(20代女性)というように、夏休み中の経験を熱く語ることで、人間的な成長を感じさせる方法です。自慢話にならないよう、謙虚に話すのがポイントでしょう。

  • 【5】美人以外にも優しく接するなど「紳士的になっている」

    「人として分別がついた感じがする」(10代女性)というように、女性に対する物腰を柔らかくするだけで、「大人の男性」になった印象を与えられそうです。相手によって態度を変えず、スマートに振る舞うだけで、周囲の反応も違ってくるでしょう。

  • 【6】話したことがない相手に自分から声をかけるなど「積極的になっている」

    「自分に自信がある人ほどオープンだから」(10代女性)というように、人見知りをせずに色々な人と交流を広げることを心がけると、女性の見る目が変わるようです。物怖じしないメンタルの強さが、男性としての「頼りがい」に繋がりそうです。

  • 【7】チャラチャラした服装をやめて「落ち着いたオシャレをしている」

    「派手な服装だった人が落ち着いてると目立つ」(20代女性)というように、若さゆえの「奇抜なオシャレ」を卒業し、清潔感のある服装に改めることで、女性からの評価が上がるパターンです。これまでオシャレに興味がなかった人は、キレイ目の服装を工夫するだけで好感度が高まるでしょう。

  • 【8】夏休みを充実させた結果として「友達が増えている」

    「意外な人脈とつながってるのを見ると、『やるじゃん』と興味を持ちます」(10代女性)というように、夏休み中に様々な友達と交流を深めることで、人間的な厚みを感じさせる作戦です。いつも同じ顔ぶれとつるむより、結果的に世界が広がるでしょう。

  • 【9】太っていた身体をトレーニングで引き締めて「ダイエットに成功している」

    「痩せてカッコ良くなってたら、そりゃあ気になります」(10代女性)というように、ゆるんだ体型を夏休み中に引き締めることで、「恋愛対象」に昇格できるケースです。時間を自由に使える夏休みだからこそ、計画的な肉体改造に取り組みたいところです。

ぼんやりと過ごしていると、夏休みは何事も起きずに終わってしまうもの。「二学期デビュー」を目標に、有意義な日々を送りたいものです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年4月10日から15日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock