片想い中の女性が、好きな人の前でついやってしまう「好き避け行動」9パターン


女性は、相手に好意を持っているからこそあえて冷たく接したり、距離を置いてしまう「好き避け行動」を取ることがあります。では、どういう行動が好き避けなのでしょうか。恋愛経験豊富な20代、30代の女性読者に「片想い中の女性が、好きな人の前でついやってしまう『好き避け行動』9パターン」を聞いてみました。

  • 【1】自分からは極力連絡しないようにする

    「仕事上の確認事項など、大義名分があればいいけど…」(20代女性)と、好きな相手に連絡するのは、女性にとってハードルが高いようです。できたとしても恥ずかしさで事務的になりがちなので、メールや電話だと妙にそっけない場合は、好き避けの可能性がありそうです。

  • 【2】話しかけられても気づかない振りをして無視してしまう

    「舞い上がってて自然に振る舞えそうにないから」(20代女性)と、好きな人に話しかけられて動揺し、つい無視してしまうこともあるようです。スルーされると凹みますが、もう一度だけ呼びかけてみましょう。一呼吸置けば、女性も心の準備ができているかもしれません。

  • 【3】メールやLINEにすぐ返信せず、あえて時間を置く

    「ガツガツしていると思われないように」(30代女性)など、好きな相手に「余裕」を演出するため、わざと返信を遅らせる女性は少なくありません。やり取り中にスピードアップすることもあるので、毎回レスがあるなら、反応速度を気にする必要はなさそうです。

  • 【4】わざわざ別の男性のことを話に出して褒める

    「『あなたのことは意識してません』というポーズで他の男性の話をしてしまう」(20代女性)というように、好意がバレるのを誤魔化そうとして、女性が取りがちな行動の一つです。いい雰囲気になったときに限って他の男性を褒める場合は、好き避けを疑ってみましょう。

  • 【5】自分から相手の恋愛話を聞き出し、熱心にアドバイスしてしまう

    「知りたいけど、聞くとアドバイスするしかない気がして…」(30代女性)など、本音とは裏腹に相談役になってしまうケースです。根底には好きな人の役に立ちたいという女心もあるので、女性があなたの恋愛を応援してくれるからといって、好意がないと考えるのは早計かもしれません。

  • 【6】大声で笑う、肩を叩くなど、あえて男っぽく振る舞う

    「完全な照れ隠しです(笑)」(20代女性)など、「仲良くしたいけど恥ずかしい」と葛藤した結果、友達のほうに振り切ってしまったパターンです。とはいえ、実際に男扱いされて嬉しい女性は少ないもの。フランクな関係でも、女性として扱うよう心がけましょう。

  • 【7】飲み会で近くに席取りをしつつ、他の人とばかりしゃべる

    「自分からは話しかけられないけど、せめて無口な子だと思われないように」(20代女性)と、気になる人の近くで存在をアピールしつつ、会話のチャンスを待つ女性もいます。近くに来た女性には、自分から話しかけてみてはいかがでしょうか。

  • 【8】男性のちょっとしたミスに対して、必要以上に厳しく突っ込む

    「みんなに『○○君には甘い』と思われたくなくて…」(30代女性)など、好意を寄せる相手だからこそ、周囲の目を気にしてシビアに接するケースもありました。誰もいない場所で「この前はごめん」とミスを謝れば、意外とフレンドリーな態度を見せてくれるかもしれません。

  • 【9】クリスマスや自分の誕生日には、予定が入っているフリをする

    「何もないと言うと誘われ待ちみたいだから」(30代女性)など、好きな人に「誘ってほしいのか?」と思われるのが嫌でリア充ぶる女性もいます。読み取りにくいケースですが、「彼氏とデート」と言われない以上は、脈ナシだと決め付けない方がよいでしょう。

どれも一見すると「嫌われてる?」と思ってしまいそうですが、内心はまるで逆というケースも少なくありません。繊細な女心を分かってあげられれば、これまで居心地の悪かった関係が、素敵な恋愛に発展する可能性もゼロではなさそうです。(さのちあき/Office Ti+)
Photo:All images by iStock