振られた元カノからの「傷口に塩を塗られた」行動あるある7パターン


彼女が自分に対して冷めてしまい、別れを告げられたことは悲しいけれど仕方のないことです。しかし、この期におよんでさらに心の傷を広げるような行為を元カノにされたことがある男性も多いはず。そこで今回は、10代から30代のスゴレン男性読者に聞いた「振られた元カノからの『傷口に塩を塗られた』行動あるある」を紹介します。

  • 【1】付き合っている期間に渡したプレゼントがすべて返却されたとき

    楽しかった頃の思い出までもすべて否定しているかのような仕打ちです。

  • 【2】共通の知人にあることないことをグチることで自分の評価を下げられたとき

    きつい噂を流されると「冷めたらここまで悪になれるのか」と人間不信になってしまいそうです。

  • 【3】別れてすぐに自分の友達と元カノが付き合い始めたとき

    「最初からそういうことだったの?」と元カノ、親友、周りの友達すべてを信頼できなくなりそうです。

  • 【4】相手がケータイの電話番号やメアドを変え、二度と連絡がとれないようにしたとき

    「そこまでして自分と縁を切りたかったのか」と、ショックはとても大きいです。

  • 【5】別れた後に「こんなところが嫌だった」と理由を書いたメールが送りつけられたとき

    別れの原因が書かれた文章は何度も読み返してしまうもの。なんで付き合っているときに言ってくれなかったのかと悲しさは倍増します。

  • 【6】「普通に友達としてご飯に行こうよ」と無神経に誘ってくるとき

    こっちはまだまだ引きずっているのに、その無神経さに怒りが込み上げてくることも。振られた側の気持ちを察して距離を置いてほしいものですよね。

  • 【7】別れてすぐにほかの男性と結婚し、披露宴に呼ばれたとき

    どんだけ自分がタフだと思われているのかわからないですが、その仕打ちに「もう一生関わりたくない」と嫌悪を感じるかもしれません。

振った側よりも振られた側はかなりダメージは大きく、せっかく封印した気持ちも追い打ちのような行動や言動によってさらに傷ついたり、憎しみに変わってしまったり様々。せめて時間をある程度おいてほしいものです。
Photo:All images by iStock