「さすが女の子だな」と感じる夏の女性の持ち物あるある7パターン


夏のデートでは、彼女が持っている女性らしいアイテムに「さすが女の子!」と感心することも多々あります。そこで今回は10代から30代までのスゴレン男性読者に聞いた「『さすが女の子だな』と感じる夏の女性の持ち物」を紹介します。

  • 【1】何度も小まめに塗りなおす「日焼け止め」

    いつも日焼けを気にして小まめに日焼け止めを塗る様子は女性らしく感じます。

  • 【2】自分の家から作ってきた「魔法瓶にいれたお茶」

    自分で魔法瓶に入れた飲み物を持ってたら、家庭的だと感じます。おまけに冷えた飲み物を分けてくれたときにはキュン度はマックスです。

  • 【3】汗をかいた時のために用意した「ハンドタオル」

    きちんとタオルを持参する女子力だけでなく、タオルから香るいいニオイにおもわずキュンときてしまいます。

  • 【4】長い列に並ぶ時など、さりげなく入れてもらえると嬉しい「日傘」

    女性の日傘にちょっと入れてもらうのは相合い傘のようでなんだか嬉しいもの。

  • 【5】汗で化粧が崩れてしまうことを防ぐ「あぶらとり紙」

    化粧崩れを小まめに気にするしぐさはまさに女子。少しでもサラサラで清潔な肌でいたいという想いから、抜かりのない女性らしい一面を感じます。

  • 【6】エアコン対策用の「薄手のカーディガン」

    冷房に弱いのも女性ならでは。健康管理のためにカーディガンを一枚もっているだけで女子力は高めの評価です。

  • 【7】肌を出すことが多い分「虫よけとかゆみ止め」も必須

    かゆみ止めを塗ったり、塗ってもらったり、男性はあまり持ち運ばないアイテムとして女性らしさがうかがえます。

夏は露出も多い分、いろいろな対策が必要ですが、ふと女性らしいアイテムを見つけるとそれだけで「女子力高いな」という好印象です。そんな女性がいたら「女らしいね」と素直に褒めてあげてはいかがでしょう。
Photo:All images by iStock