彼女と別れたあと、しみじみ寂しさがこみあげる瞬間9パターン


大好きだった彼女と別れたあとは、気持ちを切り替えるまでに長い時間が必要でしょう。自分では「もう大丈夫」と思っても、フトした瞬間に寂しさがこみあげてくることがあるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性136名に聞いたアンケートを参考に、「彼女と別れたあと、しみじみ寂しさがこみあげる瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「よく待ち合わせした駅前」など、思い出の場所を通りかかったとき

    「街の風景が灰色に見える」(20代男性)というように、彼女との思い出の場所を一人で歩くとき、寂しくなる男性は多いようです。心の傷が癒えるまでは、そうした場所に近寄るのは徹底的に避けたほうが、気持ちを切り替えやすいかもしれません。

  • 【2】「焦げた目玉焼き」など、彼女の手料理と同じ味のものを口にしたとき

    「味と匂いで記憶が引き戻される」(20代男性)というように、嗅覚や味覚をトリガーとして、感情を揺さぶられるケースもあります。うっかり似た料理を食べないですむよう、しばらくはコンビニ弁当オンリーの食生活をするのも悪くないでしょう。

  • 【3】ケータイが鳴る回数が激減して、たまに鳴ったら迷惑メールだったとき

    「いつもの着信音にビクッとなる」(20代男性)というように、ケータイの着信音に彼女の気配を感じるという人もいます。ただでさえ思い出がぎっしり詰まったケータイやスマホは、さっさと機種変更してしまうと、未練を断ち切れるかもしれません。

  • 【4】週末に特別な予定もなく、何もしないまま日曜の夜を迎えていたとき

    「つまらないけど何のやる気もしない」(20代男性)というように、休日の使い道がわからなくなり、むなしさを覚える人は多いようです。トレーニングジムに通う、英会話スクールに通うなど、新しい活動を始めることで、前向きに気を紛らせるのが上策でしょう。

  • 【5】引き出しの奥から、整理したはずの「彼女の私物」が出てきたとき

    「ボールペンとかつまらない小物でもハッとする」(20代男性)というように、引き出しの奥から出土する「彼女の私物」に衝撃を受けるという人もいます。彼女と別れたら自室を徹底的に掃除し、「思い出の品」はすべてひとつの箱にまとめてしまったほうがいいでしょう。

  • 【6】街角で彼女の好きなアーティストの曲を耳にしたとき

    「カラオケでよく歌っていた姿を思い出してしまう」(20代男性)というように、街中で耳に不意打ちを受けることもあるようです。いっそのこと男友達をカラオケに連れて行き、「思い出の歌」を何度も歌ってもらって記憶を上書きしてしまうといいかもしれません。

  • 【7】誕生日などのイベントが何もなく過ぎていったとき

    「彼女と付き合う前は、これが普通だったなと痛感する」(20代男性)というように、自分の誕生日を孤独に過ごして、独り身の辛さを味わうケースです。当日になって後悔したくなければ、あらかじめ友人に声をかけて「孤独な誕生日」を賑やかに祝ってもらいましょう。

  • 【8】一人でお酒を飲む回数が増えたことに気がついたとき

    「明らかに酒に逃げている自分に気がつく」(20代男性)というように、彼女と別れてから酒量が増えてしまう男性は多いようです。一人で飲んで落ち込むくらいなら、近所のバーに通って常連になるなど、新しい人間関係のきっかけづくりにしてしまうといいでしょう。

  • 【9】寝るために潜り込んだベッドが冷たかったとき

    「特に冬は辛い」(20代男性)というように、ベッドで彼女の体温を思い出す人も多いようです。風呂上がりでぽかぽかになった状態で寝る、電気毛布を使うなど、温度をキープするだけでなく、抱きまくらを用意して、物理的に寂しさを埋める工夫をしましょう。

失恋後の寂しさを引きずっている時期は、誰しも滑稽なほど感傷的になってしまうもの。積極的な対策で寂しさを振り切り、次の恋を探すエネルギーに変えましょう。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年3月11日から18日まで
対象:合計136名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock