パッと見で女性が「生理的に無理!」と感じる男性9パターン


女性はしばしば男性を「人柄はいいけど、生理的に受け付けない…」と思うことがあるようです。せっかく内面に輝くものを持っていても、表面上のことで嫌われたら損。女性に嫌悪される特徴を知って、しっかりと対処したいものです。そこで今回は恋愛経験豊富な20代、30代の女性読者に聞いたアンケート結果をもとに「パッと見で女性が『生理的に無理!』と感じる男性9パターン」をご紹介します。

  • 【1】歯に歯垢がべっとりとついている

    「笑ったときに見える歯が汚いって最悪。不潔すぎる」(20代女性)など、歯磨きを怠っていたりタバコのヤニで黄ばんでいる歯は女性に不快感しか与えないようです。ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使うなどして、キラキラ笑顔を目指しましょう。

  • 【2】無精ヒゲが汚く生えている

    「ヒゲに食べカスがついている人を見てドン引きしたことがある」(30代女性)と、無造作に伸びたヒゲを嫌う女性もいるようです。身だしなみが整えられないのは社会人としてもNG。毎朝ヒゲを剃れば、気分的にも爽やかに過ごせるのではないでしょうか。

  • 【3】時代遅れのファッションや髪型をしている

    「バブル期を引きずってる男性…見ているだけで恥ずかしい」(30代女性)と、度を越えた個性的な格好は、女性から好感を持たれないことが多いようです。服にお金をかける余裕がなくても、ファストファッションブランドなら比較的安価でオシャレな服が多いので活用してはいかがでしょうか。

  • 【4】上半身の筋肉がマッチョすぎる

    「上半身ムキムキなのに脚が細かったりすると逆にみすぼらしく見える」(20代女性)など、筋骨隆々な上半身は苦手という意見が続出。細いのに全身に程よく筋肉のついた「細マッチョ」が好きな女性が多いので、レスラー体型になるまで鍛えすぎるのは禁物かもしれません。

  • 【5】髪が脂っぽくベタついている

    「髪の毛から汗臭さなど臭ってきそうで無理」(20代女性)など、髪のベタつきはイメージダウンに直結する可能性が大。毎日洗髪しているのに夕方にはベタついてしまう人は、洗い方やシャンプーが自分に合っていないのかも。散髪の際、プロに相談してみるといいでしょう。

  • 【6】ブレスレットやネックレス、ピアスなどアクセサリーを過剰につけている

    「チャラすぎて信用できない」(30代女性)など、アクセサリーのつけすぎは「軽い男性なのでは?」と疑われることがあるようです。つけるならポイントを絞って、シンプルなデザインのものにしてみてはいかがでしょうか。チャラさが軽減してオシャレ度アップが期待できそうです。

  • 【7】爪が伸びていて、隙間にゴミが詰まっている

    「どんなイケメンだろうと爪が汚いと台無し!」(30代女性)というように、男性の手は意外と女性の注目ポイントのひとつです。爪は気づかないうちに案外早く伸びてしまうものなので、週1ぐらいでこまめに確認してもいいかもしれません。

  • 【8】メガネが常にくもっていてベトついている

    「メガネ男子は好きだけど、メガネが汚いと一気に萎える」(20代女性)と、モテアイテムのはずのメガネもベトついていては逆効果のようです。脂っぽい人はこまめに拭くクセをつけましょう。また、メガネ専用の洗剤も市販されているので試してみるのもいいかもしれません。

  • 【9】眉毛が不自然なほど細く整えられすぎている

    「オシャレのつもりかもしれないけど、ヤンキーみたい」(30代女性)というように、眉毛は顔の印象を左右する大事なパーツ。一昔前は割と細眉が人気でしたが、今は自然な太眉が主流だそうです。自分では似合う形が分からないという人は、一度美容室などで整えてもらうのもいいかもしれません。

女性の多くは、想像以上に男性のあらゆる部分をチェックしています。また自分自身に気を使えない男性は「女性にも配慮ができないのでは?」と思われ敬遠されがち。身だしなみに気をつけることは誰でもすぐに実行できるので、毎日少しの時間でも鏡で自分を確認する癖をつけましょう。(山下陽子/Office Ti+)
Photo:All images by iStock