女子が付き合いたての彼氏を「面倒だな」と感じる瞬間9パターン


彼女ができたと喜んでいるのもつかの間、自分にとっては当然の振る舞いが実は彼女に嫌悪感を抱かれている場合も。そこで今回は恋愛経験豊富な20代、30代の『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「女子が付き合いたての彼氏を『面倒だな』と感じる瞬間9パターン」を紹介します。

  • 【1】携帯の中身をチェックされたとき

    「彼氏とはいえ私の携帯を見る権利を得たわけではない」(20代女性)など、彼氏という立場でも超えてはならない一線のようです。偶然見てしまったとしても「キミのこと信じているから」と丁寧にフォローして、彼女の信頼度を取り戻したいところです。

  • 【2】突拍子もなく合鍵を渡されたとき

    「付き合って1週間も経ってないのに渡されたら驚く」(30代女性)など、まだ関係が浅い時期に鍵を渡すと彼女に「重い」と思われるようです。お互いのことを心から信頼できたと感じたときに、話し合いの上で手渡しましょう。

  • 【3】いきなり結婚を匂わせてきたとき

    「相手のことを知らない部分が多いのに話が飛躍し過ぎ」(20代女性)など、一方的に気持ちが先走り過ぎた発言は彼女が困惑するようです。彼女の結婚観をしっかりと聞いた上で自分も考えが変わらなければ、計画性をもって結婚を見据えていくのがいいのかもしれません。

  • 【4】名前で呼ばずに「キミ」と呼んでくるとき

    「恋人同士なんだから上から目線の呼び方は嫌」(20代女性)など、「キミ」という呼称は彼女に距離を感じさせてしまうようです。名前は関係性を築き上げるための第一歩なので、「二人だけのニックネームをつける」など素敵な呼び方を一緒に考えるのもいいかもしれません。

  • 【5】その日のファッションやメイクをいちいちチェックしてくるとき

    「自分なりに精一杯オシャレしてるから余計な口出しはしないでほしい」(30代女性)など、女性にとってファッションへのダメ出しはプライドを傷つけられる行為のようです。細かく見てあげるのならピアスや靴など他人が気づきにくい点を褒めるようにしてはいかがでしょう。

  • 【6】お酒を飲んで別人格に変わってしまったとき

    「あそこまで乱暴に変わるとは想像してなかった」(20代女性)など、酒癖が悪いとせっかくできた彼女に残念な印象を与えるようです。お酒の力を借りると普段は遠慮して聞けないことも突っ込んで聞けます。酔い過ぎないよう自己コントロールして恋の武器にしましょう。

  • 【7】電話やメールの返事が遅れて余計な詮索をされたとき

    「付き合いたてだからこそ自分のことを信用してほしい」(30代女性)など、最初から疑ってかかられる行為に、女性は傷つくようです。彼氏としてどっしり構えるためには彼女の女友達とも仲良くし、友達経由でも連絡をとれる体勢を作ってはいかがでしょう。

  • 【8】元カレの話をしつこく聞いてくるとき

    「昔のことは今カレの前で思い出したくない」(20代女性)など、過去のデリケートな話はある程度で収めた方がよさそうです。今の恋愛をお互いに充実させるためにも「自分と元カレは違う」と心の整理をつけて彼女と接してあげることが大切なことかもしれません。

  • 【9】自分の趣味を押し付けてくるとき

    「私の趣味嗜好は尊重してくれないのかなと少し冷める」(30代女性)など、女性の気持ちを無視して趣味を押し付けられると「面倒だな」と感じるようです。自分を知ってもらいたい気持ちは彼女も同じ。自分のことより、まずは彼女がどんなことに喜んだり、笑ったりするかしっかり理解してあげましょう。

付き合いたてはとにかく毎日がドキドキして楽しいものですが、男性として突っ走り過ぎないよう彼女の意見も尊重していきましょう。最初はゆっくりと信頼関係を築きお互いの距離を縮めていくのが長続きの秘訣かもしれません。(東賢志/A4studio)
Photo:All images by iStock