LINEで本命男子だけに見せる「脈あり行動」9パターン


「友だち」になった人と気軽にコミュニケーションを取ることができるLINE。好きな女性と定期的にトークする仲になったら、「脈ありサイン」を見逃さないようにしたいものです。そこで今回は、10代から20代の独身女性238名に聞いたアンケートを参考に、「LINEで本命男子だけに見せる『脈あり行動』」を紹介します。

  • 【1】メッセージを既読にするペースを相手に合わせる

    「すぐに既読になると『重い』と思われそうだから、読みたくても我慢」(20代女性)というように、本命相手となると、女性は閲覧するタイミングにも気を遣うようです。「文章の長さや返信のタイミングも合わせる」という声もあるので、好きな女性が自分に合わせてくるようなら、脈ありかもしれません。

  • 【2】たまには相手を焦らすため、既読後すぐの返信を控える

    「いつもはテンポよく返信して、ときどき遅くする(笑)」(20代女性)というように、あえて返信のペースを変えて、意中の相手をドキドキさせる女性もいるようです。とはいえ、あまりに返信が遅い場合は、単純に既読スルーされているだけかもしれません。

  • 【3】トークの始めに「○○くん、今日は…」と必ず下の名前で呼びかける

    「たとえリアルには言えなくても、LINEだからこそ気軽に呼べる!!」(20代女性)など、毎回文頭に相手の名前を入れて、親近感をアピールする女性もいます。返信するときはさりげなく彼女の名前を入れて返すと、距離を縮められるでしょう。

  • 【4】相手が「テンション高め」のスタンプ好きなら、同系のスタンプを集める

    「ハイテンションで、トークを盛り上げます!」(20代女性)というように、好きな人の使っているスタンプを集めたいと思うのが、女心のようです。あなたが使っているマニアックなスタンプを急に彼女が使い出したら、影響を受けている証拠かもしれません。

  • 【5】笑えるスタンプだけでなく、かわいい系のスタンプで女子っぽさを演出する

    「友人には絶対使わないのに、好きな人は特別」(10代女性)というように、特別な相手には乙女なスタンプを送りたいという女性もいます。「うわー! かわいいスタンプ」と褒めてあげると、さらにトークが盛り上がるかもしれません。

  • 【6】スタンプだけではなく、ときには画像を織り交ぜる

    「『景色に感動した』とか、会話に交えて写真も」(20代女性)というように、LINEでわざわざ写真を送ってくる女性も、あなたに気があるのかもしれません。「今どこにいるの? もっと知りたい」と食いつくと、恋の扉が開くでしょう。

  • 【7】すぐに読んでほしいから、スタンプで本文を隠して「通知読み」を阻止する

    「未読スルーを防ぎたいから」(20代女性)というように、読んでもらうためにLINEのテクを駆使する女性もいるようです。とはいえ、「最後はスタンプを入れたい派」も多いので、締めがスタンプだからと喜ぶのは早いかもしれません。

  • 【8】面倒くさいときも「スタンプのみの返信」で終わらせず、必ず文章を入れる

    「『テキトー』って思われたくないから、きちんと送る」(20代女性)というように、好きな人には、文章を添えて丁寧に返す女性が多いようです。逆に、長い文章に対してスタンプ一つで返信されるようなら、「面倒くさい」と思われているかもしれません。

  • 【9】連絡が来ないときは、突然おもしろ系のスタンプを送って相手に絡む

    「『かまってー』って合図です(笑)」(20代女性)というように、突然送られてくるおもしろスタンプは、女性の好意の表れかもしれません。好きな子が変な絡み方をしてきたら、「ヒマなら会おうよ!」と思い切って誘うのもアリでしょう。

FacebookやTwitterに比べて、ほかの人とのやりとりが見えない分、相手の心理を読み取りづらいのがLINEの特徴。彼女が好意を持っているのか、慎重に見極めたいものです。(山田うみ)


【調査概要】
期間:2014年3月11日(火)から18日(火)まで
対象:合計238名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock