別れて正解だった!元カノに呆れられるダメ行為9パターン


彼女と別れたあとなら、何をしようと自由かもしれませんが、「バカな男…」とレッテルを貼られる行為だけは避けたほうがいいでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性225名に聞いたアンケートを参考に「『あんな男と別れて正解だった』と元カノに呆れられるダメ行為9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「別れてさびしい」と共通の知人に触れ回る

    「『どんな振り方したの?』といろんな人に聞かれて困った」(10代女性)というように、ショックを引きずるのは仕方がないとしても、第三者に広めるのはやりすぎでしょう。辛い思いは胸に秘め、一日も早く気持ちを切り替えたいところです。

  • 【2】「俺もうフリーだから」といきなり手近な女性に手を付ける

    「1カ月後に私の友達と付き合い始めててビックリ」(20代女性)など、別れた直後にガツガツしすぎるのも、あまりに節操がないと思われてしまうようです。周囲から白い目で見られたくなければ、しばらくは静かな生活を送るのが無難かもしれません。

  • 【3】「今までに贈ったプレゼントを返せ」と要求する

    「もらったバッグとかが全部リスト化されてて引いた」(20代女性)というように、別れるなり投資した分を回収しようとする男性は、どうしてもセコく映ってしまうようです。あげたものについてはあきらめて、貸したものだけ返してもらうのが現実的でしょう。

  • 【4】「俺のほうからふってやった」と嘘を言いふらす

    「いつの間にか私がふられたことになってて、いちいち否定するのも馬鹿馬鹿しくなった」(10代女性)など、根も葉もないことを吹聴するのも考えものです。別れた経緯がどうであれ、多くを語らずに前に進んだほうが、潔さを印象付けられるでしょう。

  • 【5】「元気? 最近何してるの?」と未練がましい連絡を繰り返す

    「こっちは過去を吹っ切って先に進もうとしているのに…」(20代女性)というように、別れた彼女とかかわりを持ち続けようとする態度も、しつこいと疎まれてしまいます。元の友達同士に戻るのが難しそうなら、辛くても距離を置くよう意識しましょう。

  • 【6】「何もやる気が起きない」と酒浸りになり引きこもる

    「失恋ごときですべてグダグダになっちゃうなんて情けない」(20代女性)というように、自暴自棄な生活態度は、別れた彼女を残念な気持ちにさせてしまうようです。次こそもっといい恋愛をしたいのであれば、まず生活を立て直しましょう。

  • 【7】「………」と無言電話をかけて嫌がらせをする

    「しかも非通知。こんな卑劣な奴だとは」(10代女性)というように、別れた相手をわざわざ不快にさせる行為は、自分の値打ちを下げるだけで、何一ついいことはないでしょう。悔しい気持ちは別の形で発散させたほうがよさそうです。

  • 【8】「合コンで美女と意気投合!」とリア充ぶりをSNSでひけらかす

    「日替わりで女の子とのツーショットを公開。何が目的…!?」(20代女性)というように、華やかな私生活を誇示することを、「あてつけがましい」と感じる女性もいそうです。どうしても誰かに見せたい場合は、公開範囲を限定するなどの心遣いを見せましょう。

  • 【9】「脱がせると巨乳」と夜の生活を連想させることを第三者に暴露する

    「明らかなルール違反。訴えてやろうかと思った」(20代女性)というように、交際相手だからこそ知りえたプライベートな情報を、意図的に外部に漏らしたりすると、自分自身の品位を疑われかねません。自分の身に置き換えて、言っていいことと悪いことの区別をつけましょう。

いくら交際が終わったからといっても、相手をおとしめたりする行為や、投げやりな態度は見苦しいものです。「別れるんじゃなかった」と思わせるくらいの立派な姿で新たなスタートを切りたいところです。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2014年2月12日(水)から19日(水)まで
対象:合計225名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock