自分本位はNG!彼女に嫌がられる初旅行の誘い方9パターン


旅はカップルの距離を縮める一大イベント。初めてのことであれば、誘う段階から慎重にアプローチする必要があるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性220名に聞いたアンケートを参考に、「『身勝手じゃない?』と付き合いたての彼女に不信感を抱かせる旅行の誘い方9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「俺が休めるのはこの日だけだから」と自分のスケジュールを押し付ける

    「私の仕事を軽く見ている気がする」(20代女性)というように、自分のスケジュールを最優先にした誘い方では、自己中心的な男だとムッとされてしまいそうです。せめて「いつなら休めそう?」と先に彼女の都合を確認するのが礼儀でしょう。

  • 【2】「レストランも宿も全部予約しといたから」と計画を自分一人で決めてしまう

    「リードしてくれるのは嬉しいけど、こっちの意見も聞いてよ」(20代女性)というように、彼女に相談をせず旅行プランを勝手に固めてしまうのは勇み足でしょう。目的地や日程といった大枠は二人で話し合い、そのあとで手配をするのがスマートな進め方ではないでしょうか。

  • 【3】「今週末、空いてるでしょ?」と準備期間ほとんどなしで出発しようとする

    「女性にはいろいろ準備が必要なのに、そんなに急に行けるわけがない」(20代女性)というように、どんなに素敵な旅行計画でも、出発があまりに急すぎると彼女を困らせてしまいます。特に最初の旅行であれば、心の準備も必要なので、出発の一ヶ月前には誘っておきたいものです。

  • 【4】「どうせ泊まりなら温泉旅館がいいな」と相談もなく宿泊を大前提にする

    「当然みたいに泊まり前提だと、身体目当てな感じがする」(20代女性)など、信頼関係を確立できていない段階で「宿泊」の旅行に誘うのも、不信感の一因になってしまいそうです。日帰りプランも選択肢に入れて提案し、彼女に選んでもらったほうがよさそうです。

  • 【5】「行きたいとこ調べておいてよ」と計画をすべて丸投げする

    「やる気ないなら無理して行かなくていいよ」(20代女性)というように、計画をすべて彼女任せにすると、無責任な男だと思われてしまうようです。決定権を委ねるにしても、自分なりに二人が楽しめるプランを一生懸命考えたいものです。

  • 【6】「夏だし、海で日焼けしたいんだよね!」と勝手に水着プランを入れる

    「急に人前で水着になるなんてムリ!」(20代女性)など、多くの女性にとって水着になることのハードルは、男性よりも遥かに高いようです。夏だからといって安易に海やプールをプランに含めるのは避け、必ず同意を得ましょう。

  • 【7】「宿の手配はしといたから、車お願いね」と運転を彼女任せにする

    「近場ならいいけど、遠出するのに運転が私だけって…」(20代女性)など、彼女が自家用車を所有していても、一方的に運転を任せるのは配慮不足でしょう。レンタカーを交代で運転したり、電車で行ける場所を選ぶなど、一方に負担がかからない交通手段を考えたほうがよさそうです。

  • 【8】「完璧なプランを考えた!」と余裕が一切ない分刻みの旅程を提案する

    「しかも自分の行きたい場所ばっかりだったら最悪」(20代女性)など、ガチガチに固めた緻密な旅行プランは、カップルの初旅行にはそぐわないようです。時間のプレッシャーがケンカの原因にもなりかねないので、予定を詰め込みすぎるのは避けましょう。

  • 【9】「早く予約しなきゃだから、今日全部決めよう」とやたら決断を急かす

    「承諾するにしても、多少は考える時間がほしい」(20代女性)など、そもそも女性にとって彼氏との初旅行は一大事。承諾前提で誘うのではなく、「ちょっと考えてみて」と提案してから、次のデートで返事を聞くくらいの余裕は持ちたいものです。

二人にとって大事な思い出になる初旅行だからこそ、誘い方には配慮が必要でしょう。彼女を安心させられれば、計画を立てるのもはかどるはずです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年2月12日(水)から19日(水)まで
対象:合計220名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock