七夕デートで恋愛成就!願いが叶うロマンティックなプラン9パターン


片想いの女性と七夕にデートできるなら、織姫と彦星の伝説にあやかって、恋愛を成就させたいものです。そこで今回は、10代から20代の独身女性238名に聞いたアンケートを参考に「『七夕デートで恋愛成就!』をかなえる、ロマンティックなプラン」を紹介します。

  • 【1】「天の川を模したイルミネーション」で光の競演を楽しむ

    「輝く光を二人で満喫したら、それだけで気分が高まりそう!」(20代女性)というように、季節限定のイベントで女性を楽しませるデートです。「行き先は内緒だから、着いてからのお楽しみ」と前置きしてサプライズで訪れると、いきなり盛り上がりが最高潮に達するかもしれません。

  • 【2】「神社やお寺のライトアップ」で美しい七夕飾りを愛でる

    「五色の七夕装飾に見とれて、うっとりしちゃいそう」(20代女性)というように、神社仏閣を好む穏やかな女性なら、伝統的な建物のライトアップを案内すると喜ばれるでしょう。神様や仏様にふたりの未来を願掛けすれば、恋の成就にはずみがつくかもしれません。

  • 【3】「商店街の七夕祭り」で一緒に短冊を書く

    「背伸びせずに、地元の商店街で過ごすのもいい」(10代女性)というように、あえて近所のお祭りに足を運ぶパターンです。「○○ちゃんともっと仲良くなれますように」と短冊に書いて見える場所に吊るすと、好意をアピールできるかもしれません。

  • 【4】「夜のドライブ」で車の中から星空を眺める

    「せっかくの七夕なので、遠い夜空の織姫と彦星に思いを馳せて過ごしたい」(20代女性)というように、とにかくロマンティックな一夜を期待する女性もいます。星空を一望できそうな場所を入念にリサーチして、二人だけの静かなひとときを過ごしたいところです。

  • 【5】「屋形船」で大人の時間を満喫する

    「大人のデートってかんじ。憧れる!」(10代女性)というように、「屋形船」で夏の夜ならではのデートを企画するのも、女ゴコロをくすぐりそうです。お互いに浴衣を着て乗り込めば、和の風情を思う存分堪能できるでしょう。

  • 【6】「プラネタリウム」でロマンティックな星空に願いを込める

    「雨がよく降る季節だから、屋内だと安心かも」(10代女性)というように、天候が悪くても美しい星空を眺められる「プラネタリウム」も、気の利いた行先かもしれません。星々が織りなすショーに気分が高揚したタイミングなら、彼女の肩を抱き寄せても自然に受け止めてもらえそうです。

  • 【7】「ホタル観賞」で幻想的な輝きを堪能する

    「七夕にホタル観賞なんて、想像しただけで素敵です」(10代女性)というように、この季節ならではの自然の感動を共有するのもよさそうです。「今日は七夕だから、森の中に輝く星を見せてあげたいと思って」などと、キザな言葉を添えるのもアリでしょう。

  • 【8】「夏キャンプ」で寝ころびながら天の川を仰ぐ

    「大自然に囲まれれば、七夕のおとぎ話までリアルに感じられそうです」(20代女性)というように、思い切って森の中で過ごすデートも盛り上がりそうです。ただし「虫が苦手」「汚れるのがイヤ」という都会派の女の子も多いので、相手のタイプを見極めて誘うようにしましょう。

  • 【9】「高層ビルの展望台」で、宝石のような夜景にため息をつく

    「夜景を星に見立てて語り合ったら、盛り上がりそう」(20代女性)というように、夜空ではなく街のきらめきを見下ろしながら、七夕の一夜を楽しむプランです。夜景を味方に愛を告白すれば、成功率が上がるかもしれません。

お祭りやイルミネーション、自然の中での星空など、工夫次第でムード満点に過ごすことのできる七夕の夜。好きな女性が一番喜びそうなプランを実行してみてはいかがでしょうか。(山田うみ)


【調査概要】
期間:2014年3月11日(火)から18日(火)まで
対象:合計238名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock