親友に「片思い中のあのコ」の名前を教えて後悔したこと9パターン


恋をすると、誰でも親しい友達に相談したくなるもの。しかし、片思いを打ち明けたせいで、悲しい展開をたどった例もあるようです。そこで今回は、10代から30代の独身男性204名に聞いたアンケートを参考に「親友に『片思い中のあのコ』の名前を教えて後悔したこと」をご紹介します。

  • 【1】グズグズしているうちに、先に告白されてしまったから

    「自分のカミングアウトが、親友の背中を押してしまうなんて…」(20代男性)というように、恋のライバルはどこに潜んでいるかわかりません。相談のつもりが「敵への情報提供」となってしまっては意味がないので、相手の様子を冷静に見極めましょう。

  • 【2】まわりにバラされて、恥ずかしい思いをすることになったから

    「口が軽いやつだなー(苦笑)」(20代男性)など、秘密厳守の精神に乏しい親友に話をすると、秘めたる思いが白日のもとにさらされてしまうおそれがあります。口の堅さは内容によって変わるものではないので、普段の対応を見て、信用できる相手にだけ告白するといいでしょう。

  • 【3】勝手に探りを入れられて、相手に嫌な思いをさせてしまったから

    「うまくいくものもいかなくなるだろ!!」(20代男性)など、援護射撃のつもりで、親友が女性側に働きかけてしまうケースです。それが勝手な行動でも、女性の目には「人の助けを借りる弱虫」としか映らないので、お節介な親友には「何もするな」と釘を刺したほうがいいかもしれません。

  • 【4】女性の嫌な噂を吹きこまれて、恋心が萎えてしまったから

    「久々の恋だったのに(泣)」(10代男性)など、親友からもたらされた新情報が、熱くなった恋心を一気に冷ましてしまうこともあるようです。親友を恨んでも仕方がないので、「本気になる前に知ってよかった」と、好意的に捉えて水に流しましょう。

  • 【5】お節介にも告白をセッティングされ、おかしな空気になってしまったから

    「何先走ってるんだよ!?」(20代男性)など、世話好きの親友に相談すると、思わぬ展開に冷や汗をかく羽目になるでしょう。「自分のタイミングで告白するから手を出すなよ」と忠告すれば、暴走を止められるかもしれません。

  • 【6】「どこがいいの?」と言われて、友情にヒビが入ってしまったから

    「否定的なことを言われると、正直ムカつく」(20代男性)など、思ったことをすぐ口に出すタイプの親友から、心ない言葉を返されることもあるようです。「本気だから、相手が誰でも笑うなよ!」などとけん制してから伝えれば、傷付けられることもないでしょう。

  • 【7】親友の視線が気になって、自然に話せなくなってしまったから

    「『見られたら恥ずかしい』と思ったら、手も足も出なくなってしまった」(20代男性)など、心を解放するための打ち明け話が、逆に自分を不自由にすることもあるようです。照れが先立ってアクションが起こせなくなるタイプの人は、多少苦しくても恋心を自分の中にしまっておいたほうがいいかもしれません。

  • 【8】同じ相手が好きだとわかって、気まずくなってしまったから

    「マンガみたいな展開にビックリ」(20代男性)など、そもそも気の合う親友同士。不運にも、女性の趣味がかぶるケースもあるようです。親友も恋も失う最悪のパターンもありえるので、大切な友達に打ち明けるときほど慎重になりましょう。

  • 【9】自分のカミングアウトがきっかけで、親友も相手の魅力に気づいてしまったから

    「完全に自業自得だけど、予想できなかった」(20代男性)など、親友に思いの丈を語っているうちに、想像以上の共感を得てしまうこともあるようです。もしそうなってしまったら、とことん腹を割って話し合うほかなさそうです。

片思いを告白することで、味方になるはずの親友が、恋のライバルになってしまう可能性もあるようです。相手に彼女や意中の相手がいるなど、信頼できる根拠がない場合は、うかつに相談しないほうがいいかもしれません。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2013年11月11日(月)から18日(月)まで
対象:合計204名(10代、20代、30代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock