「モテる男は違うな」と思われるキスへの自然な流れ9パターン


自分に自信があり、男女経験の場数も踏んでいるモテ男。彼らは恋愛のさまざまな局面で、ほかの男たちとは一味違うステキな演出を心掛けているようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性225名に聞いたアンケートを参考に「『モテる男は違うな』と思われるキスへの自然な流れ」をご紹介します。

  • 【1】エレベーターで二人きりになった瞬間を逃さない

    「ドアが閉まったとたんに抱き寄せられてドキドキ」(20代女性)など、エレベーターという一時的な個室を利用したキスに賞賛の声が集まっています。いつドアが開くかわからないというスリルも、女性をキュンとさせるのではないでしょうか。

  • 【2】駅での別れ際に軽くおでこにキスをする

    「人前でサラッとキスできちゃうのがすごい!」(10代女性)など、まるで挨拶のようにキスをする自然なテクに、驚きを通り越して感心する女性も多いようです。人目を気にしてキスしないのではなく、見られても良いような爽やかなキスをする「キスの使い分け」がポイントでしょう。

  • 【3】車を降りるためにシートベルトを外す一瞬を捉える

    「降りようとして、彼のほうに体を向けた隙にキスされた」(20代女性)など、体が近づくタイミングを逃さない周到さが、女性の心をつかむようです。運転中にさりげなく手を握るなどの行為も、女性をドキッとさせられるでしょう。

  • 【4】夜景を見ながら名前を呼び、振り返った顔にキスをする

    「『ねぇ』って呼ばれて…一瞬何があったかわからなかった」(20代女性)など、景色に目を奪われている女性にとって、キスをされるのは想定外の事態になるでしょう。ベタなスポットで思わぬ急展開を仕掛けられると、恋の炎も一気に燃え上がるかもしれません。

  • 【5】恋愛映画のキスシーンと同時にキスをする

    「ロマンチックな映画だったから、ちょっと自分を重ねちゃいました」(20代女性)など、鑑賞中は会話ができないという映画デートのデメリットを逆手に取った作戦です。映画館なら気後れしそうな「キスシーンに合わせてキスをする荒ワザ」も、DVDを見る家デートなら、実践しやすいのではないでしょうか。

  • 【6】花火に夢中になっている隙に「不意打ちキス」を仕掛ける

    「空を見上げてたらキスが降ってきた(笑)」(10代女性)など、夏の風物詩である花火デートのキスも、女性をときめかせるようです。ステキなシーンでキスの流れを自然に作る「押さえてる!」感じも、女子ウケ抜群でしょう。

  • 【7】隣の席に座り、目が合ったときに顔を近づける

    「バーでなんとなくいい感じだなと思ったら…」(20代女性)など、「いいムード」を迷わずモノにする積極的な態度に、グッとくる女性は多いようです。いくら「いい感じ」になっても、女性からキスをするのは難しいもの。ここで上手にリードできると、「モテる男ってやっぱりいいな」と思われるのではないでしょうか。

  • 【8】身長差を利用して、見上げたタイミングで唇を奪う

    「背の高い彼と話そうとして見上げたとき、突然チュッとされちゃった」(20代女性)など、無防備なタイミングを見計らってキスをするツワモノに、女性の心は揺さぶられるようです。エレベーターや階段の段差を使ってキスをしてもいいでしょう。

  • 【9】「一口ちょうだい」と油断させてキスをする

    「スプーンじゃなく、私の顔のほうに来てびっくり!」(20代女性)など、意外なシーンでキスを仕掛けると、サプライズの喜びを感じさせることができそうです。外食中であれば、見た人も不快な気分にならない軽いキスにしたほうがいいでしょう。

サプライズと積極性、多少の強引さが、女性をキュンとさせる「モテ男」のキスのポイントになりそうです。無理をする必要はありませんが、タイミングがあれば真似してみてはいかがでしょうか。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年2月12日(水)から19日(水)まで
対象:合計225名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock