「正直、この状況じゃ迷惑!」と嫌がられてしまう告白9パターン


男性から好意を告げられること自体はウェルカムな女の子でも、告白の状況によっては、トラウマになるほどの最悪な経験となってしまうこともあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性238名に聞いたアンケートを参考に「『正直、この状況じゃ迷惑なんだけど…』と思われてしまう告白9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「どうしても会いたくて来ちゃった」と自宅に押しかけて告白する

    「隣の部屋で両親が聞いていると思うと気が気じゃなかった」(10代女性)というように、家族に筒抜けのシチュエーションをいやがる女性は多いようです。どんなに会いたいと思っても、いきなり訪れるようなやり方は避けましょう。

  • 【2】「みんなにも証人になってほしい!」と仲間が大勢いる前で告白する

    「後輩みんなの前で『好きだ!』って…。断りづらいし、OKもしにくい」(20代女性)など、知り合いがそろっている場では、女の子も素直な胸の内を語りにくいでしょう。今後その集団に居づらくならないためにも、二人きりになれる状況を選びたいものです。

  • 【3】「実は(ズズッ)…好きなんだけど(ズズッ)」とラーメンをすすりながら告白する

    「本気なの!? と耳を疑った」(10代女性)というように、あまりにも日常的すぎて、ムードがなさすぎる例のひとつです。せっかくの告白なのですから、胸がときめくようなロマンティックな場面を演出するほうが、成功率も高まるでしょう。

  • 【4】「お願いします!」と交差点のど真ん中でひざまずいて告白する

    「通行人が私たちをガン見! 穴があったら入りたかった」(10代女性)など、映画のワンシーンかと見まがうような演出は、あまりにドラマティックすぎて、女の子をドン引きさせてしまいそうです。交通事故にもつながりかねないので、道路での告白は控えましょう。

  • 【5】「今はそれどころじゃないと思うけど」と仕事で手いっぱいなのを知っていて告白する

    「こちらの事情など一切構わないというその時点でお断り!」(20代女性)というように、相手の状態を考慮することなく一方的に好意を伝えても、恋が実る可能性は低いでしょう。好きならばなおさら、女の子の置かれている状況を見極めたいものです。

  • 【6】「酔ったから言ってしまうけど好きだ」と飲み会の途中で告白する

    「お酒の力を借りないと言えないなんてガッカリ」(20代女性)など、酔った勢いで口にした言葉は、往々にして信憑性が薄くなってしまうもの。大切な相手には、素面のときに真剣に恋心を伝えたほうがいいでしょう。

  • 【7】「熱があるときに申し訳ないけど」と体調が最悪なときに告白する

    「電話口でゴホゴホ咳き込んでるのに! 察してくれよ!」(10代女性)というように、よりによって女の子のコンディションがよくないときに告白してしまうようでは、思いやりに欠けると思われてしまっても仕方ありません。回復を待ってからでも十分間に合うでしょう。

  • 【8】「ところで、前からずっと好きだって知ってた?」といきなり電車の中で告白する

    「そう言い捨てて降りやがった。車内に残された私はどうすれば!?」(20代女性)など、とってつけたような告白は、真剣に受け取ってもらえないかもしれません。何かのついでではなく、しっかりと状況を吟味してから気持ちを伝えましょう。

  • 【9】「俺はー! ○○がー! 好きだー!」となぜか本人にではなく海に向かって告白する

    「なぜ私本人に向かって言えない!?」(10代女性)というように、照れ隠しのために女の子にきちんと向き合えない男性も、情けない人だと映ってしまいそうです。ここが正念場と覚悟を決めて、相手の目を見て思いの丈をぶつけるほうがうまくいくでしょう。

愛の告白は、うまくいけばその先のお付き合いの大事なスタート地点。状況を選ばなかったばかりに失敗することのないように、時と場合を選んで、とっておきの思い出にしたいものです。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2014年2月12日(水)から19日(水)まで
対象:合計238名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock