はじめてエッチする女性にやると引かれてしまうプレイ9パターン


エッチは、お互いの信頼関係があってこそ楽しめるもの。まだ信頼関係がない段階でやってしまうと、引かれたり、場合によっては怖がられたりすることもあるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「はじめてエッチする女性にやると引かれてしまうプレイ」をご紹介します。

  • 【1】お尻の穴を攻めようとする

    「そっちは絶対にイヤ! しつこくされると萎える」(20代女性)など、お尻の穴にはまったく感じない女性も多いので、自分が好きだからといってしつこく攻めると、本気で嫌がられてしまいそうです。初回には手を出さないほうが無難でしょう。

  • 【2】目隠しをしたり、縛ったりする

    「はじめての相手にされると本当に怖い」(20代女性)など、信頼関係のない段階では、目隠しや縛りによる「何をされるのかわからない興奮」より、恐怖が先立ってしまうようです。手で目を隠したり、腕を軽く押さえつけたりする程度にしておきましょう。

  • 【3】合体しながらお尻や胸を叩く

    「Mじゃないから全然楽しめないんだけど…」(20代女性)など、好みのプレイスタイルもわからないのに突っ走ると、「ただ不快なだけ」に終わることもありそうです。どうしてもSMっぽいことがしたければ、プレイ前にSかMかを確認する必要があるでしょう。

  • 【4】アレを激しく舐めてくれるよう頼む

    「激しく舐めさせられると、すごく雑に扱われてる気がする」(20代女性)など、男性のアソコを舐めることが苦手な女性もいるので、頭を押さえつけたりすると「ひどいことをされた!」と思われても仕方がないかもしれません。まずは「舐めてもらってもいい?」など、女性が断りやすい聞き方をしましょう。

  • 【5】恥ずかしい言葉を言わせようとする

    「ただイヤなだけ。ムリヤリ言わされるとどんどん冷める」(20代女性)など、いやらしいセリフを強要すると、興奮できない女性との間に温度差が生まれてしまいそうです。初回では様子を見て、いじめられるのが好きそうな女性には、次の機会に挑戦してはいかがでしょうか。

  • 【6】大人のおもちゃを使って愛撫する

    「使ったことないから、緊張して気持ちいいどころじゃなかった」(20代女性)など、大人のおもちゃは使う人と使わない人がはっきり分かれるので、はじめてだと快感よりも戸惑いが勝ってしまいそうです。「おもちゃ使ってみる?」と提案して、反応が悪ければ諦めたほうが賢明でしょう。

  • 【7】「淫乱」などひどい言葉責めをする

    「乱暴にされてるみたいで怖かった」(20代女性)など、初回での言葉責めは、プレイなのか本気なのかがわからず、ただただ女性を困惑させてしまいそうです。「いやらしい体だね」など、褒め言葉ともとれるような言葉責めなら、受け入れられやすいかもしれません。

  • 【8】ナースや女子高生などのコスプレをお願いする

    「そんなことして楽しいの? 全然わかんない…」(20代女性)など、軽い気持ちでコスプレをお願いすると、プレイスタイルが合わないと評価されてしまうこともありそうです。女性がコスプレ好きなど特殊なケース以外は、エッチを重ねてからのお楽しみと思ったほうがいいでしょう。

  • 【9】赤ちゃんプレイやお医者さんごっこをする

    「変態! ちょっと気持ち悪いかも」(20代女性)など、自分にとっては普通でも、実はかなりマニアックなプレイであるケースです。未経験の女性からは「変態」のレッテルを貼られても仕方がないので、初回では一般的なスタイルを通したほうが無難でしょう。

ほかにも「はじめてエッチする女性にコレをやると引かれる」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock