女子から「うまい!」と思われる愛撫の仕方9パターン


エッチにおけるテクニックの有無は、女性への愛撫の上手・下手で判断されると言っても過言ではありません。では、女性が「うまい!」と感じるのは、果たしてどんな愛撫なのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「女子から『うまい!』と思われる愛撫の仕方」をご紹介します。

  • 【1】ワンパターンでなく、日によって攻め方を変える

    「お決まりのパターンがないと、毎回新鮮」(20代女性)など、女性の予想をいい意味で裏切る動きができると「うまい!」と感動されるようです。相手の女性のツボを心得ると、つい同じ攻め方をしてしまいがちですが、毎回新たなツボを開拓する勇気を持ちましょう。

  • 【2】触るだけじゃなく、いやらしく言葉責めをする

    「言葉責めも立派な愛撫。私がMだから、Sっぽいのが感じる(苦笑)」(20代女性)など、特にMっ気のある女性にとって、言葉責めは肌に触れるのと同じくらいの効き目がありそうです。ただし、女性によっては言葉責めに対して「何言ってんの?」と冷めるタイプもいるので注意しましょう。

  • 【3】簡単にいかせず、焦らしプレイを楽しむ

    「焦らされると、イッたときの感動がすごい」(20代女性)など、わざと女性にもどかしい思いをさせると、普段の愛撫では得られないような快感を与えることができそうです。焦らしには、女性の状態を見極めるテクが必要です。まずは観察からはじめてみましょう。

  • 【4】すぐ裸にしようとせず、徐々に服を脱がせる

    「気づいたら裸にされてたとき『デキルな』と思う(笑)」(20代女性)など、愛撫をしながら自然な流れで服を脱がせることができると、女性から一目置かれる存在になれそうです。ブラのホックを外すのに手間取ったりすると、興ざめする女性もいるので気をつけましょう。

  • 【5】局部だけでなく、足や背中まで舐める

    「新しい性感帯を開発されると、もうメロメロ」(20代女性)など、簡単に快感が得られない場所ほど、丁寧に愛撫すれば女性を喜ばせることができそうです。「そんなところまで!?」と思われるような、意外なスポットを攻めてみてはいかがでしょうか。

  • 【6】自分のやり方にこだわらず、女性の反応をよく見る

    「いつもどおりじゃ感じないときもある。表情を読んでほしい」(20代女性)など、女性の反応に合わせて攻め方を調整できる男性は、「うまい」と思われるようです。自分のしたいようにするだけの「オレ様エッチ」をしていないか、一度自分のスタイルを見直しましょう。

  • 【7】指や舌を使い、同時に何ヶ所も攻める

    「何ヶ所も同時に攻められるのは、慣れてるうまい男だけ」(20代女性)など、自分の持てる技を駆使して、同時進行でさまざまな場所を愛撫すると、女性から「デキる!!」と思われるようです。指と舌はムリでも、せめて両手で違う場所を愛撫できるようになりましょう。

  • 【8】すぐ合体しようとせず、女子がイクまで愛撫する

    「下手な男ほどせっかち(苦笑)」(20代女性)などの意見もあり、長時間女性を喜ばせることができると、「うまい男」になれそうです。自分の快感よりも女性の快感を優先する、心の余裕を持ちましょう。

  • 【9】胸を揉むのではなく、フェザータッチで攻める

    「揉みたいのかもしれないけど、気持いいのはごく優しくなでられるほう」(20代女性)など、肌に触れるか触れないかの微妙な指使いを習得することができると、女性に強い快感を与えることができそうです。いつもとは違う力加減で触れると、新しい反応があるかもしれません。

ほかにも「こんな愛撫に感心された」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock