「遠距離恋愛直前」に言われて安心した彼氏の言葉9パターン


遠距離恋愛には不安がつきものです。特に、急な転勤や引越しが理由ならば、なおさら女性は心細くなってしまいがち。では、どのような言葉をかけてあげると、女性の不安を打ち消すことができるのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「遠距離恋愛になる直前に言われて女性が安心できた彼氏からの言葉9パターン」をご紹介します。

  • 【1】素直に感激する「いっぱい会いに来るからね」

    「寂しさが消えるくらい嬉しかった」(20代女性)など、「会いに来る」という具体的な言葉に感動する女性は多いようです。会う回数が減る分、「旅行に行こうね」など、より思い出になりやすいデートを提案すると、なおさら喜ばれるでしょう。

  • 【2】いざというときに心強い「何かあったら、すぐに飛んで行くよ」

    「ひとりじゃないんだと感じる」(20代女性)のように、彼の男らしい発言に安心したという女性もいます。ただし、普段から頼りになる姿を見せておかなければ、説得力のない発言になってしまうので注意が必要かもしれません。

  • 【3】「大切にされているんだ」とホッとする「毎日電話するからね」

    「会えない時間を埋めようとしてくれている」(10代女性)と、マメな連絡を約束すると、女性の不安な気持ちも和らぐようです。遠距離恋愛が始まってからも、電話ができないときは必ずメールをするなど、彼女を不安にさせないフォローを心掛けましょう。

  • 【4】「寂しいのは自分だけじゃないんだ」と思える「俺も寂しいよ」

    「彼も悲しんでいる姿を見て、愛情を感じた」(20代女性)など、男性が寂しそうにしている様子を見て、二人の気持ちを再確認する女性もいます。「寂しいけど、その分会ったときには楽しもう」とポジティブな意見を述べれば、さらに女性の心に響くかもしれません。

  • 【5】「私だけを見てくれているんだ」と不安が消し飛んだ「浮気なんてしないからな」

    「あらためて言葉にしてくれると信頼できる」(30代女性)と、離れることで彼がほかの女性に心移りしてしまうのでは、と不安に感じている女性は多いようです。彼女に信頼してもらうため、「毎日おやすみの電話をする」など二人だけの約束事を決めるとよさそうです。

  • 【6】具体的な言葉に安心できる「次はいつ会おうか?」

    「会う日が決まるとホッとする」(20代女性)のように、すぐに予定を立てようとする男性の行動力に、頼もしさを覚える女性もいました。「なるべくキミの予定に合わせるよ」と声をかけることで、女性も遠距離恋愛を頑張る気力がわくかもしれません。

  • 【7】彼の深い愛情が感じられる「絶対他の男のところへ行くなよ」

    「彼には私が必要なんだと伝わる」(20代女性)など、「彼にとって自分は大事な存在」だと認識することで、安心する女性もいるようです。不安な気持ちは伝染するもの。「俺はキミを信じているよ」と大きく構えた態度が大切だと言えそうです。

  • 【8】自分の夢を尊重してくれている気がする「つらいけど、目標のために我慢しよう」

    自分の将来の夢に向かって遠距離恋愛を選んだ女性からは、「応援してくれる彼の姿勢に励まされた」(20代女性)という意見もありました。「キミが頑張るんだから、俺も頑張るよ」など、切磋琢磨し合う考えを提示すれば、より絆が深まりそうです。

  • 【9】クサいセリフに思わず笑ってしまう「離れていても心は近いよ」

    「バカっぽいけど、元気が出た」(10代女性)のように、しんみりしがちなシチュエーションを打開するような言葉に、勇気づけられる女性もいるようです。寂しさを感じさせないような弾けた笑顔を見せれば、さらに女性を安心させてあげられるでしょう。

「遠距離恋愛」はカップルにとって大きな障害のひとつです。でも、男性の発言ひとつで、女性は勇気づけられることもあるようです。大切な彼女に心細い想いをさせないよう、遠距離恋愛の直前には、ポジティブな言葉で女性を安心させてあげましょう。(磯田大介/Office Ti+)
Photo:All images by iStock