「別れたいならはっきり言えば?」と彼女を怒らせるあいまいな態度9パターン


交際中の彼女への想いが冷めてしまっても、本人にはなかなか言い出しにくいもの。だからといって半端な気持ちで付き合っていると、無駄に修羅場を招く結果になりかねません。そこで今回は、10代から30代の独身女性193名に聞いたアンケートを参考に「『別れたいならはっきり言えば?』と彼女を怒らせるあいまいな態度」をご紹介します。

  • 【1】二人きりなのにスマホに熱中して、会話を避ける

    「『一緒に過ごせばいいんだろ』みたいな態度がむかつく!」(20代女性)というように、義務のように彼女の前にいるだけで、顔すら見ようとしないのは、会うのを拒否するよりも失礼かもしれません。続けても誰の得にもならないので、別れたいなら早めに意思表示をしたほうがいいでしょう。

  • 【2】デートのプランを打診されても、あいまいな返事で煙に巻く

    「GWの旅行の話をしてもスルー。『そのころにはもう別れてるし』って顔に書いてあるよ…」(20代女性)というように、先の話を避け続けたら、ぼんやりタイプの彼女でも「別れたいんだ」とピンとくるでしょう。気持ちが完全に冷めているなら、ダラダラとつなぎ止めておくのは残酷かもしれません。

  • 【3】頻繁に待ち合わせに遅れたり、ドタキャンする

    「私が愛想を尽かすのを待ってるんでしょ!」(30代女性)というように、約束だけはしておいて、その時になって不誠実な行動を取るのも、女性を苦しめる仕打ちだと言えそうです。繰り返すと自分の良心まで麻痺しかねないので、最後まで誠意をもって対応しましょう。

  • 【4】電話やメールが来れば応答するが、自分からは連絡しない

    「出ればそこそこ愛想のいい声なのがムカつく!」(20代女性)というように、なんとなく気がとがめて上辺だけ優しく応じてみても、心境の変化はすっかり見透かされているかもしれません。「女の勘にはかなわない」と白旗を揚げてしまったほうが、余計なトラブルを回避できそうです。

  • 【5】何かと理由をつけて、会う頻度を徐々に減らしていく

    「その計画に気づいていないとでも?」(30代女性)というように、フェイドアウトしようと画策しているのがバレると、一瞬で彼女の怒りに火がつくようです。早い段階で「激高」に発展する可能性もあるので、悠長な作戦は避けたほうが無難でしょう。

  • 【6】泊まる機会があっても、何もせずに寝てしまう

    「端っこで背中向けることないじゃん!」(20代女性)というように、その気がなくなったことを露骨な態度でアピールするのも、あんまりな仕打ちでしょう。「結局、徹夜で別れ話をした」(30代女性)など、事態が急展開することも覚悟したほうがよさそうです。

  • 【7】LINEメッセージが未読のままである

    「既読無視は許せても、『未読』はつらい…」(10代女性)というように、「関心がなくなりました」と間接的にわからせるやり方は、相当なダメージを与えてしまうようです。心変わりを知らせたいなら、彼女に直接伝わる方法を取るのが優しさかもしれません。

  • 【8】態度の冷たさを責められても、真剣に取り合わない

    「いまさら反省は求めないけど、話くらい聞け!」(20代女性)というように、聞く耳を持たずにいると、逆に叱責が長引く場合もありそうです。後腐れなく別れたいなら、彼女の気が済むまで言い分を聞いてあげたほうが、スムーズに事が運ぶでしょう。

  • 【9】彼女が見ているのを承知で、別の女性にアプローチする

    「5年も前の出来事だけど、いま思い出しても胸が痛む」(20代女性)というように、これ見よがしに、いそいそと次の恋へ足を踏み出すのも、相手に深い傷を残してしまうでしょう。たとえ恋愛感情は薄れていても、人として思いやりの気持ちは持ち続けたいものです。

はっきりと言われなくても、女性は敏感に彼氏の変化を見抜いているようです。隠し通せるものではないのだと観念して、正直に気持ちを伝えるのが一番なのかもしれません。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2013年11月11日(月)から18日(月)まで
対象:合計193名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock