「義理チョコなんてあげなきゃよかった!」と女子をムッとさせるホワイトデーの失言9パターン


ホワイトデーは、バレンタインのお礼を伝える日です。それなのに、悪気のない「うっかり発言」で女性を怒らせてしまったら、感謝どころか気まずい雰囲気を招きかねません。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「『義理チョコなんてあげなきゃよかった!』と女子をムッとさせるホワイトデーの失言」をご紹介します。

  • 【1】「オレに渡して得したね!」とお返しの金額をアピールする

    「『これ高いんだよ』とか自慢気に言われてげんなり」(20代女性)など、いくら自分のお返しに自信があっても、値段を理由に恩を着せるのはやりすぎでしょう。「頑張って選んだんだ」程度のアピールなら、「一生懸命でかわいいな」と好意的に受け取ってもらえそうです。

  • 【2】「もしかして本命だった?」と自信過剰に振る舞う

    「違うし、自信満々なのがムカつく」(20代女性)など、チョコの意味を読み違えて偉そうにすると、「来年はあげるのやめよう」と思われても仕方がないかもしれません。また、もし本当に「本命かな」と感じるシグナルがあったなら、バレンタイン直後に返事をすべきだったのではないでしょうか。

  • 【3】「お母さんが選んだんだけど」と言わなくてもいいことを言う

    「聞きたくなかった…マザコンなの?」(20代女性)など、いくらステキなお返しでも、本人が選んだものでないと、喜びも半減してしまうようです。母親や姉妹に選んでもらっても構いませんが、聞かれるまでは言わないほうが賢明でしょう。

  • 【4】「来年は○○ちょうだい」とわがままな注文をつける

    「『もらえて当然』な態度がイヤ。今日は感謝する日じゃないの?」(20代女性)など、会社では義理チョコが慣例になっていることもありますが、それを当たり前のように言うのは失礼でしょう。お調子者タイプの男性も、「親しき仲にも礼儀あり」と心得ましょう。

  • 【5】「彼女いるから…ごめんね」と思い込みで振る

    「今さら何を言っても本人には伝わらなそう。気まずいし最悪…」(20代女性)など、女性の真意を読み違えると、お互いにバツの悪い思いをするハメになりそうです。バレンタインに「いつも頼りにしてます」程度のセリフを言われても、早まらないほうがいいかもしれません。

  • 【6】「君もくれたっけ?」と明らかにバレンタインのことを覚えていない

    「別にお返しがほしいわけじゃないけどショック」(20代女性)など、「忘れられた」という事実は、たとえ義理チョコでも女性を傷つけるようです。もらったかどうか自信がない場合は、「いつもありがとう」と言ってプレゼントを渡し、無難に切り抜けましょう。

  • 【7】「甘いもの嫌いなんだ」と正直過ぎる感想を言う

    「『実は…』って、今言うべきこと!?」(20代女性)など、お礼の言葉を期待していた女性にとって、チョコへのダメ出しは想定外でしょう。どうしても「甘いものが苦手だ」と伝えたいなら、嘘でも「甘いものは苦手だけどあのチョコはおいしかった」と言うなど、女性への配慮が必要ではないでしょうか。

  • 【8】「オレも義理だから」とわざわざ「義理」を強調する

    「だから? 別に何も期待してないって(苦笑)」(10代女性)など、たとえ照れ隠しでも義理だと主張すると、女性から「嫌なやつ」だと思われてしまうかもしれません。「義理でも嬉しかった」と言えば、逆に好感度が高まりそうです。

  • 【9】「面倒くさい行事だよね」と否定的な発言をする

    「じゃあ来年は面倒から解放してあげる!!」(20代女性)など、バレンタインというイベント自体への愚痴は、好意からチョコをくれた女性に言うべきことではないようです。そういう本音は男同士で話し、決して女性には聞かれないようにするのがマナーでしょう。

チョコをくれた女性に対し、感謝の気持ちを抱いていれば、どんな失言も避けることができそうです。本音では「面倒だな」と感じている人ほど、発言に気をつけたほうがいいでしょう。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock