「俺って、嫉妬深いなぁー…」と反省する瞬間9パターン


彼女を想う気持ちが強いほど、その裏返しの「嫉妬心」が強く生まれることは、男性にとっても恋愛の難しさです。感情をコントロールできないほど深い嫉妬を覚える瞬間には、どんなケースがあるのでしょうか。スゴレン男性読者への調査結果をもとに、「『俺って、嫉妬深いなぁー…』と反省する瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】彼女の携帯が鳴るのが気になって仕方ないとき

    「かけてきた相手が誰なのか知りたくて不安になる」(10代男性)など、自分の知らない誰かが彼女に連絡をとることすら、嫉妬の対象になるケースです。どうしても気になるなら、「誰からだった?」と彼女に気軽に聞いてみれば、普通に答えてもらえるでしょう。

  • 【2】女友達と楽しそうにしている彼女を見て寂しくなったとき

    「俺と二人でいるときより、彼女の顔がニコニコ楽しそうでつらい」(20代男性)など、楽しそうな彼女の様子に寂しさを感じるケースです。男性にとって友情と恋愛が別物なように、女性にとっても女友達は特別なもの。深く考えすぎず、優しく見守るとよいでしょう。

  • 【3】前の彼氏の話を聞かされて苦痛を覚えたとき

    「何を聞いても、自分より魅力的な男だったように聞こえる」(20代男性)など、彼女の元カレという存在を重く考えてしまうケースです。しかし、彼女にとっては過去のこと。彼女の昔を振り返るより、今の自分を魅力的にする努力をした方が建設的でしょう。

  • 【4】彼女の行動をしつこく確認したくなるとき

    「スケジュールを完璧に把握しておかないと不安」(30代男性)など、彼女の生活をすべて知ろうとするケースもあるようです。一歩間違えれば彼女に「束縛」を感じさせる原因にも。相手を信頼して、自由を尊重することも必要でしょう。

  • 【5】ネット上の彼女の交流関係を探ってしまうとき

    「SNSとかでほかの男とやりとりしていないか、毎日チェックしてしまう」(20代男性)など、ネット上の人間関係をこっそり監視するような行動は、彼女に知られれば軽蔑されそうです。いっそ自分もSNSで彼女とつながり、彼氏として堂々と振るまった方がよいでしょう。

  • 【6】彼女からのメールの返事が遅く不安になったとき

    「5分でも待たされるとイライラして、催促のメールを送ってしまう」(20代男性)など、メールの返事の強要は、彼女の都合を無視した自分勝手な行動といえそうです。落ち着いて返事を待てば、彼女からも付き合いやすい男性と思われるでしょう。

  • 【7】彼女に新しい友達ができて不安になったとき

    「どんな新しい出会いが広がるか、と想像して落ち込む」(20代男性)など、彼女の出会いに対して過敏になるケースです。不安な態度が彼女に伝われば、弱気な男と思われそうです。常に「恋人は自分だ」という自信をもって接することが大切でしょう。

  • 【8】自分の男友達が彼女と会話していて不快に思ったとき

    「自分の友達でも男。彼女と親しくされるのはイヤ」(20代男性)など、強い独占欲ゆえに、彼女をほかの男性と近づけたくないケースです。そんな行動は、彼女にも男友達からも不評を買いそうです。彼女に堂々と男友達を紹介すれば、彼女との信頼関係も増すでしょう。

  • 【9】彼女の携帯をチェックしてしまったとき

    「メールに自分のことが書いてないか気になる」(20代男性)など、彼女の本音が気になるあまり、携帯を覗いてしまうケースです。携帯はプライバシーの塊であり、彼女に知られれば、軽蔑されることは必至。覗き見するようなマネは絶対に避けるべきでしょう。

ほかに、「『俺って、嫉妬深いなぁー…』と反省する瞬間」があれば、ぜひ教えてください。みなさんのご意見をお待ちしております。(呉 琢磨)
Photo:All images by iStock