片思い中にやりがちなFacebookでのイタい行動9パターン


片思い中は好きな相手との距離感がうまくはかれず、SNSでも「見え見え」な反応をしてしまいがち。では、どんな行動が相手や周囲から「イタい」と思われるのでしょうか。そこで今回は、10代から30代の独身女性204名に聞いたアンケートを参考に「片思い中にやりがちなFacebookでのイタい行動」をご紹介します。

  • 【1】毎回誰よりも先に「いいね!」をする

    「いつも一番乗りじゃ『注目してます!』って言ってるようなもの」(20代女性)など、一番最初に「いいね!」をしていると、誰からも「夢中だな」とバレてしまうようです。せめて数人が「いいね!」をしてからであれば、少しは印象が薄れるのではないでしょうか。

  • 【2】コメント欄で投稿に関係ないプライベートな質問をする

    「ほかの人にも見られるところで…やめてほしい」(20代女性)など、コメント欄で投稿外の話をすると、意中の相手に迷惑がられてしまうようです。無視されたくない一心なのかもしれませんが、メッセージやチャットを使って聞くようにしましょう。

  • 【3】ログインするとすぐにチャットに誘う

    「『待ってたの!?』って、ちょっと怖くなる」(20代女性)など、ログインするやいなやチャットで話しかけると、行動を監視されているのかと不快に思う女性もいるようです。「押してダメなら引いてみろ」という言葉もあります。たまには、相手から話しかけてくるのを待ってもいいでしょう。

  • 【4】アルバムの写真一枚一枚に感想をコメントする

    「やりすぎ! ドン引きしました」(20代女性)など、本来コメントは嬉しいものですが、マメすぎるとその執念に引かれてしまうかもしれません。特にいいなと感じた写真だけに感想を述べたほうが、自分らしさも表現できるのではないでしょうか。

  • 【5】自分の投稿で相手のことばかり話題にする

    「仲良しアピールされるのはウザいかも」(20代女性)など、好きな相手のことはいろいろ話したくなるものですが、Facebookというオフィシャルの場では控えたほうがよさそうです。一緒に撮った写真をアップする際にも、「投稿していい?」と確認したほうがいいでしょう。

  • 【6】どんな投稿にもポジティブなコメントを残す

    「別にそんなこと望んでないんだけどなぁ」(20代女性)など、相手によく思われたい一心で肯定的な意見ばかり言っていると、やがては重荷に感じられてしまうでしょう。時にはツッコミを入れたりしたほうが、「気のおけない関係」ならではの親しみを演出できるのではないでしょうか。

  • 【7】相手のページに長文の「誕生日おめでとうメッセージ」を投稿する

    「ずば抜けて長いメッセージを見つけたときは、思わず苦笑」(20代女性)など、相手への思いが溢れて、つい熱すぎるメッセージを送ってしまったケースです。「短文なのにその人らしさが光る」というのが、心に残るメッセージの特徴のひとつ。短い文字数でいかに多くを語るかに注力してはいかがでしょうか。

  • 【8】一緒に撮った写真をタグ付きでアップする

    「まわりに主張してる感じがイヤ」(20代女性)など、写真にタグを設定して「今一緒にいます」と投稿するのは、まわりへの「こんなに親しいんだぞアピール」のようで、うんざりされることもありそうです。さりげなくアルバムに加えるだけなら、問題ないのではないでしょうか。

  • 【9】相手と同じ音楽や映画に「いいね!」をする

    「真似されるのは気持ちが悪い」(20代女性)など、相手の関心事にムリに自分を合わせても、不快な感情しか抱かれないようです。「今まで知らなかったけど、投稿を見てから興味を持った」などと正直な感想を直接述べたほうが、好感度が上がるかもしれません。

恋心が暴走すると、Facebookでもイタい行動が目立つようです。無意識に「好きだ」アピールをしていないか、一度自分の行動をかえりみてはいかがでしょうか。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2013年11月11日(月)から18日(月)まで
対象:合計204名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock