お付き合いを始めたばかりの「ラブラブ彼女」と行きたいデートスポット9パターン


ようやく付き合った女の子との記念すべき初デートは「絶対に楽しませなきゃ…!」とプレッシャーを感じ、行き先選びにも悩んでしまうのではないでしょうか。そこで今回は、10代から30代の独身女性187名に聞いたアンケートを参考に「お付き合いを始めたばかりの『ラブラブ彼女』と行きたいデートスポット」をご紹介します。

  • 【1】会話がぎこちなくても盛り上がれる「テーマパーク」

    「行くだけでテンションがあがる。一緒に乗ったら話題もできるし」(20代女性)というように、遊園地やテーマパークなら遊んでいるうちに自然と距離を縮められそうです。ただし悪天候や大混雑が予想される日は、ストレスも多いので避けたほうがいいでしょう。

  • 【2】動物を触るときにお互いの素の表情が見える「牧場」

    「エサあげてるところを見たりすると、心がほんわかする」(30代女性)というように、動物と触れ合える場所に行くと、お互いの優しさが感じられていいという女性もいます。牧場に向かう移動時間が長くなる場合は、電車やクルマの中での過ごし方も考えておくといいかもしれません。

  • 【3】苦労を経て登頂したときの爽快感がたまらない「山」

    「途中で後悔したけど、頂上の景色をみて感激した!」(20代女性)というように、二人で一緒に苦楽を味わう「登山」も、二人の絆を深めるきっかけになるでしょう。往路だけでなく復路も、女の子の息があがらないように、ゆっくりとしたペースで歩きたいものです。

  • 【4】お花見や紅葉狩りなど、四季を感じられる「公園」

    「自然に包まれてぼーっとするのもいいかなと…」(20代女性)など、お散歩したり、ベンチで腰かけたりしながら、のどかな公園で会話を楽しみたいという女の子もいます。ただし、「デート代をケチってる」と思われるおそれもあるので、提案して反応がイマイチなら別の場所を検討したいところです。

  • 【5】普段使いの居酒屋ではなく、ちょっとおしゃれな「バー」

    「最初くらいちょっと頑張ってほしいな」(20代女性)というように、記念すべき初回のデートは、少し背伸びしたところに行きたいという声もあります。できれば馴染みのお店をつくっておくと、デート当日も自然にふるまえるのでカッコよく見えるかもしれません。

  • 【6】猫好きカップルにはたまらない「猫カフェ」

    「漫画もあるし、コーヒー飲めるし、まったりできる」(30代女性)というように、二人で猫を愛でながらすごす時間も幸せそうです。ただし、猫の扱いが雑なところに行くと、暗い気持ちになってしまうので、お店は慎重に選びましょう。

  • 【7】二人の恋愛運を高めるための「パワースポット」

    「一緒にお祈りすれば、1年間仲良くすごせる」(20代女性)というように、恋愛に効く場所に行くのも、これからの幸せな日々を予感させそうです。パワースポット自体はすぐに見終わってしまいがちなので、周辺にある見どころも押さえておくといいかもしれません。

  • 【8】子どものころの思い出を語りながら巡る「お互いのふるさと」

    「私の中でなんの印象もなかった街が色づいていくので好きです」(30代女性)というように、生まれ故郷を巡るのは、お互いをより深く理解するいい機会になります。思い出の地を紹介しつつ、地元の名店に案内すると喜ばれるでしょう。

  • 【9】興味があっても女の子一人では行きにくい「工場見学」

    「興味はあるけど、誘われないといかない場所なので」(20代女性)というように、なかなか行く機会がない場所に行って新鮮なデートをするのもいいかもしれません。お酒が好きな女性なら、ビール工場や蔵元めぐりで試飲を楽しむのもオツでしょう。

いろいろなデートスポットが出てきましたが、できるだけ「イベント性」があるデートを企画すると、女の子に喜ばれる傾向にあるようです。普段とは違う特別感を味わえる場所へ、彼女を案内しましょう。(外山武史)


【調査概要】
期間:2013年11月11日(月)から18日(月)まで
対象:合計187名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock