「いくらなんでも、がっつきすぎ!」と同僚女性をドン引きさせるアプローチ9パターン


一日の大半を過ごす職場で、恋に落ちてしまうのはよくあること。ただし、相手との距離を縮めたいなら、いくら想いが募っても、節度を欠いた行動は慎むべきかもしれません。そこで今回は、10代から30代の独身女性193名に聞いたアンケートを参考に「『いくらなんでも、がっつきすぎ!』と同僚女性をドン引きさせるアプローチ」をご紹介します。

  • 【1】たまたま乗り合わせた会社のエレベーターで、「週末空いてますか」と誘う

    「『いいえ!』と即答。唐突だし誰か乗ってきそうだし、無理!」(20代女性)というように、社内の人に聞かれそうな状況で言い寄っても、あっさり断られてしまいそうです。声をかけるタイミングは、言われる側の身になって慎重に選びましょう。

  • 【2】外線電話を取り次いだら、あからさまに喜ぶ

    「妙なテンションが伝わってきて、正直キモイ…」(20代女性)というように、声が聞けた嬉しさを無邪気に表すのも、迷惑がられてしまうようです。頬が緩みそうになったとしても、仕事モードでキリッと応対したほうが、むしろ好印象でしょう。

  • 【3】仕事のメールの末尾で、私信として好意をほのめかす

    「無視してビジネスライクに返信しました」(30代女性)というように、相手が仕事に真剣に打ち込んでいる場合は、私的なメール文面で怒りを買う可能性さえあります。業務と無関係の内容は、読まれるだけでラッキーだと心得たほうがいいでしょう。

  • 【4】昼休みなどに呼び出して、用もないのに長々と拘束する

    「貴重な自由時間を返せー!」(10代女性)というように、ホッとひと息つきたがっている相手を無理に付き合わせても、イライラさせてしまうだけのようです。ちょっといいランチをおごるなど、女性にメリットを用意するくらいの気遣いは必要かもしれません。

  • 【5】「仕事の相談」にかこつけて、プライベートな話をしたがる

    「親身になって聞いていたのに、騙された気分」(20代女性)というように、「同僚」の立場を悪用して親しくなろうとするのも、心証を悪くしてしまうようです。他愛ない話題ならまだしも、踏み込みすぎるとセクハラとも取られかねないので、注意しましょう。

  • 【6】移動中のタクシーで、二人きりであるかのように口説く

    「運転手さんがニヤニヤしていて、もう最悪!」(20代女性)というように、女性に恥ずかしい思いをさせていることに気づかないようでは、いくら熱弁をふるっても、相手の心に響かないでしょう。いまここで言うべきことか、周囲をよく見て判断しましょう。

  • 【7】女性と接点を持つために、部署の垣根を越えて業務に口を出す

    「『なにあの人?』と、うちの部署では悪評しか立っていない」(30代女性)というように、本人のみならず、周囲からも煙たがられるような方法を取ると、色よい返事はますます遠ざかるでしょう。自然に関わりを持てるきっかけを待つのが賢明だと言えそうです。

  • 【8】残業中など、女性が忙しいさなかに無遠慮に話しかける

    「『夜食どうする?』『終電は平気?』って、邪魔!」(20代女性)というように、時間に追われている相手にちょっかいを出したら、邪険に扱われても仕方がないでしょう。「風邪ひかないでね」などのさりげない一言のほうが、印象に残りやすいかもしれません。

  • 【9】宴会で、酔いに任せて大勢の前で「好きだー!」と叫ぶ

    「みんなにからかわれて、転職すら考えた」(20代女性)というように、お酒に飲まれて感情を爆発させると、取り返しのつかない事態を招きかねません。酒癖が悪いなら、親しい同僚にストッパーになってもらうなど、対策を講じて酒宴に臨んだほうが安心でしょう。

職場という環境では、気持ち先行で突っ走ると、かえって相手との距離を広げてしまうようです。いち同僚として接しながら控えめなアピールを続けて、お近づきのチャンスを狙うといいでしょう。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2013年11月11日(月)から18日(月)まで
対象:合計193名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock