別れ話で元カレから言われた「最低発言」7パターン


別れてもいい友達になれる場合もあれば、暴言を吐かれて「二度と顔を見たくない!」と思うこともあります。今回は恋愛経験豊富な20代、30代女性のみなさんに聞いた「別れ話で元カレから飛び出した『最低発言』」を紹介します。

  • 【1】「次の彼女と別れたら戻ってきてやってもいいよ」

    上から目線過ぎて、彼女もドン引くパターンです。

  • 【2】「痩せてる子が好きだから」

    コンプレックスを面と向かって指摘されることほど傷つくことはありません。

  • 【3】「俺の人生を台無しにしてくれて、ありがとう」

    どんな恋人と付き合い、どんな人生を送るかは自分で選んだはず。女性に「人のせいにするような男性とは別れて正解だった」と思われるのがオチです。

  • 【4】「おまえじゃ満足できないんだよね」

    飽きっぽくて誠実さのかけらもない男性だと思われます。

  • 【5】「ブスのくせに調子に乗るなよ」

    たとえ感情的になっても「言ってはいけない一線」を完全に超えた言葉です。

  • 【6】「俺と別れたらお前一生結婚できないぜ」

    何が何でも元カレより先にゴールインしたくなります。

  • 【7】「今日の夕飯、おでんじゃなかったら別れなかったのに!」

    好きなメニューが出て来なかったくらいで別れを切り出す幼稚さを直さない限り、誰と付き合っても長続きしないでしょう。

怒りにまかせた暴言は、いい思い出までかき消して相手に悪い印象しか残さないもの。「ただの友達」にすら戻れないので、グッとガマンしたほうがいいかもしれません。
Photo:All images by iStock