「バレンタイン当日は会えない」とわかったときの正しいフォロー9パターン


バレンタインに合わせてデートを計画するカップルは多いと思いますが、人によっては「仕事が忙しくて、どうしても時間を作ることができない!」という状況になってしまうかもしれません。そんなとき、彼女にどう対応すればよいのでしょうか。今回は10代から30代の独身女性187名の意見を参考に、「『バレンタイン当日は会えない』とわかったときの正しいフォロー」を紹介します。

  • 【1】「会えなくてごめん。でもチョコは楽しみにしてるから!」と念を押す

    「『楽しみ』って言ってくれるだけで、ヤル気がでる」(20代女性)というように、忘れていないことを言葉にするだけで、女性に与える印象は変わるようです。「家まで受け取りに行くよ。いつ空いてる?」と予定を合わせれば、彼女の機嫌も直るでしょう。

  • 【2】「○○の納期が迫っていて…」と、誠意を尽くして事情を話す

    「説明してもらえると彼の立場がわかる」(20代女性)など、女性に状況を理解してもらえるように話して、誠実さをアピールする作戦です。ただし、同じセリフも直前や当日では「言いわけ」になってしまうと心得ましょう。

  • 【3】「2人だけのバレンタインをしよう」と、前倒しでデートに誘う

    「バレンタインに会えないと言う前に、彼から別日程を提案してくれたら完璧」(10代女性)というように、早々と別の日にデートの約束をする方法です。後ろにずらすより前倒しするほうが好印象なので、「12日か13日に食事でもどう?」などと提案してはいかがでしょうか。

  • 【4】「生チョコは避けてね」と、予定がわかった時点で早めに知らせる

    「手作りにするか購入するかに影響するから大事!」(20代女性)など、準備に時間をかける女性にとって、「いつ渡せるのか」は意外と大きな問題のようです。「2週間前には言ってほしい」(10代女性)という声もあるので、2月に入ったらすぐに伝えるのが無難でしょう。

  • 【5】「会えなくて残念だけど、お前のこと大事に思ってる」ときちんと言葉にする

    「その一言で、何でも許せる」(20代女性)というように、「愛されている」と実感するだけで、ささいな不満など吹き飛んでしまう女性は多いようです。ぎゅっと抱きしめるなど、スキンシップも加えると効果的でしょう。

  • 【6】「好きだよ」とメッセージを添えた逆チョコを送りつける

    「会えない分だけチョコの甘さがしみた」(10代女性)というように、チョコを送ってバレンタインデートが叶わない穴を埋めるパターンです。サプライズで贈れば、心の準備をしていなかった彼女を感激させてあげられるでしょう。

  • 【7】「10分でいいから顔が見たい」と仕事が終わってから駆けつける

    「その気持ちが嬉しい」(20代女性)というように、一瞬だけでも会いに行くことで、相手への想いを態度で表す方法です。駅から彼女の家まで走り、「一刻も早く会いたかった」と息を切らせて言えば、高揚感を演出できるでしょう。

  • 【8】「せめて声だけでも聞きたくて…」と、当日の夜に電話する

    「会えなくても、電話やメールをくれるだけで全然違う」(30代女性)というように、電話やメールでフォローするのも大事でしょう。もし彼女が電話に出られなくても、着歴が「ある」のか「ない」のかで印象が違ってきそうです。

  • 【9】「僕の番では倍返しするよ」と、豪華なホワイトデーを約束する

    「女心をわかってる!」(30代女性)というように、ホワイトデーのデート日程を早々と固めることで、バレンタインに会えない悪いイメージを払しょくする戦略です。「夜景の見えるレストランに行こう」などと具体的なプランを示すと、彼女の意識はバレンタインからそれるでしょう。

世の中には「バレンタインはどうでもいい」という女性もいますが、「カップルイベントをがんばっちゃうタイプ」の彼女ならば要注意。会えないことを早めに伝えたり、伝え方を工夫したほうがいいでしょう。(山田うみ)


【調査概要】
期間:2013年11月11日(月)から18日(月)まで
対象:合計187名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock