バレンタインが過ぎていても感動するチョコあるある7パターン


バレンタインデー以外の日にチョコレートをもらうことで、かえって印象深くなる場合もあるようです。そこで今回は、バレンタインデー以外でも感動した本命チョコの「渡し方」を紹介します。

  • 【1】「失敗してくやしかったから、作り直したの」と笑顔でチョコを渡す

    負けず嫌いな一面を知って、より愛おしく感じそうです。

  • 【2】「誰かに見られそうで渡せなかった…」と照れながら渡す

    女性らしい恥じらいに胸がキュンとするでしょう。

  • 【3】「ほかのコと一緒だと嫌だったの」と呼び出して渡す

    特別感をアピールしたい気持ちが一層、伝わりそうです。

  • 【4】「遅くなってゴメンね」と手書きのメッセージ付きのチョコを渡す

    遅れた分、手が込んでいるのがわかると、当日もらえなかった残念感も癒されるでしょう。

  • 【5】「当日は、渡せなくてごめんなさい」と真剣に謝ってから渡す

    当日に渡すつもりだったのが理解できれば、新たな気持ちで受け取れるものです。

  • 【6】「当日だと荷物になるかなと思って」と理由を言って渡す

    モテる男性にとって、荷物になるのを気遣う配慮は新鮮に映るでしょう。

  • 【7】「直接渡したかったから」と伝えて渡す

    直接手渡しすることにこだわるのは、本気度が高い証拠かもしれません。

バレンタインデー当日ではなく別の日に受け取ることで、嬉しいサプライズを感じるものです。バレンタインを長く味わえるので、考えようによっては得した気分になるでしょう。
Photo:All images by iStock