「そんなんじゃフラれて当然」と感じた男友達の行動9パターン


フラれたときは女友達からの励ましが嬉しいもの。ですが、相手が内情を知っている場合は、「被害者ヅラはやめろ」と思われることもあるようです。そこで今回は、10代から30代の独身女性206名に聞いたアンケートを参考に「『そんなんじゃフラれて当然』と感じた男友達の行動」をご紹介します。

  • 【1】いつもウジウジしていて、彼女の言いなりだった

    「ちょっとした言葉や態度を気にして、情けないヤツだなーって思ってた」(20代女性)というように、気弱すぎて「自分の彼氏だったらありえない」と女友達に呆れられているパターンです。交際相手の一挙手一投足にオドオドするのは、どんな女性にとっても「カッコ悪いもの」なのだと心得ましょう。

  • 【2】給料日前は人にお金を借りるほどの浪費癖があった

    「借金癖がある男と一緒に苦労するのやだもん」(20代女性)というように、お金にルーズな男性の失恋には、正直同情できないという声もあります。人にお金を借りることに麻痺して、罪悪感が薄い場合は、そこから考え直したほうが良さそうです。

  • 【3】デートの行先が、毎回ほとんど変わらなかった

    「毎回自分の家か彼女の家でしょ? 愛を感じないよね」(20代女性)というように、「相手を楽しませる工夫がなかったのだから別れて当然」と分析されることもあります。第三者にまで見抜かれる横着ぶりは、次の恋までに改めたほうがいいでしょう。

  • 【4】「忙しい」を言い訳に、彼女をほったらかしにしていた

    「愛されてることに甘えて放置したのが悪い。自業自得!」(30代女性)というように、忙しさにかまけて彼女への連絡を怠っていたのなら、批判的な目を向けられても仕方がなさそうです。どんなに多忙であっても、朝晩のメールぐらいは必要だと肝に銘じておきましょう。

  • 【5】「女は男に尽くして当然」など、時代遅れな固定観念を押し付けた

    「『あいつ女のクセに料理が下手でさー』とか言ってるのを聞いて本気でムカついた」(20代女性)というように、自己中心的な価値観の押し付けは、女性として許せないという意見もあります。恋愛のことに限らず、「女はこうあるべき」という決めつけは、口外しないのが無難でしょう。

  • 【6】気に入らないことがあると「自分は悪くない」とすぐ彼女のせいにした

    「『俺は頑張ってるのに』みたいな言い方には、いつもイラッとしてました」(20代女性)というように、被害者意識が強すぎる男性も、女性を味方につけにくいでしょう。愚痴っぽいことを自覚している人は、恋人のことを他言しすぎないよう注意したほうがいいかもしれません。

  • 【7】二人でいるときもずっと携帯ゲームに夢中だった

    「私と話してるときも、途中でスマホ取り出すもんね…」(10代女性)というように、会話が上の空になるほどの携帯中毒は、相手が誰であっても不快にさせてしまうでしょう。ゲームやSNS、まとめサイトなどにハマっている人は、気を付ける必要がありそうです。

  • 【8】友人からの誘いであれば、喜んで合コンに参加していた

    「なんで彼女持ちなのに出会いの場にいくかなぁ…?」(20代女性)というように、友人からの誘いとはいえ、女性がいる飲み会に行くのはデリカシーがないという見方もあります。交際中の彼女に対してだけではなく、「周囲の目」を意識して行動することを覚えましょう。

  • 【9】彼女を母親と勘違いして身の周りの世話をさせていた

    「恋人は夕飯係じゃないんだよ!」(30代女性)というように、当たり前のように彼女に家事をさせる態度も考えものです。世話好きな女性と付き合う場合も、「してもらうこと」にあぐらをかくのはやめたほうがいいでしょう。

彼女と別れたときは、自分を被害者ではなく、加害者としてとらえてみる。そうすると、いろんな反省点が見えてきそうです。(外山武史)


【調査概要】
期間:2013年10月13日(日)から10月20日(日)まで
対象:合計206名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock