「好きな人ができないんだ…」と思い悩む男性に対して、女子が抱いている本音9パターン


彼女は欲しいけど、好きな相手ができない…。出口の見えない恋愛砂漠に迷い込んでいる男性は意外と多いようです。そんなグチに対して、世の女性はどんな感想を抱いているのでしょうか? そこで今回は10代から30代の独身女性154名に聞いたアンケートを参考に、「『好きな人ができないんだ…』と思い悩む男性に対して、女子が抱いている本音9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「理想が高すぎて、身近ないいヒトが眼中に入ってないんじゃない?」

    「可愛くて控えめで…とか条件多すぎ」(20代女性)など、脳内で創った「理想の彼女像」を追い求める男性に対して、冷ややかな視線を浴びせる女性は多いようです。「恋愛は身近な相手としかできない」という現実を、一度見つめなおしたほうがいいかもしれません。

  • 【2】「自分に中身がないから、他人の内面的な良さに気が付けないんじゃない?」

    「ルックスだけで判断する男性はお断りです」(20代女性)など、女性の内面に触れようとしない姿勢への批判も多いようです。お互いに長所も短所もさらけだし、理解し合うのが恋愛関係の基本だと心得たいものです。

  • 【3】「自分の趣味にばかり時間とお金を費やしてるからじゃない?」

    「その投資は、全部自己満足のためでしょ」(20代女性)というように、限られた時間やエネルギーを「好きなこと」だけにつぎ込んでしまうのも、恋愛から遠ざかる一因になるようです。他人と交わるには自分の殻から飛び出す勇気も必要でしょう。

  • 【4】「普段から、出会いを求めて出歩いてないからじゃない?」

    「家に引きこもっていて会えるのは、画面のなかの女性だけ」(20代女性)など、日頃から女性と出会うための行動をしていなければ、相手に恵まれなくても仕方がなさそうです。合コンなど、具体的な「出会いの場」に参加することから始めてみましょう。

  • 【5】「正直、身のほど知らずなレベルで面食いだからじゃない?」

    「美人が好きなのはわかるけど、鏡を見たほうがいい」(20代女性)など、分不相応なほど面食いな男性は、「無茶でしょ」と周囲に呆れられているかもしれません。相手に高い要求をするのであれば、自分側にも相応の魅力が必要だと肝に銘じましょう。

  • 【6】「女の子のほうからアプローチしてくる奇跡を待ってるからじゃない?」

    「アニメの世界じゃないんだから」(20代女性)というように、自分から踏み出そうとせず、「待ち」を決め込む男性は、せっかくの機会を見逃しているようです。些細な好意のやりとりから恋愛に発展するのもよくあること。きっかけを自分から探すぐらいの意気込みを持ちましょう。

  • 【7】「貴方のことを好きになる女性がいないからじゃない?」

    「恋は一方通行じゃ成立しないんだよ?」(20代女性)など、そもそも女性から好意を抱かれない男性だと、恋愛のチャンス自体に遭遇できないようです。独りよがりな態度や女性を見下すような失言は、恋を始める妨げにしかならないので、今一度、我が身を振り返りましょう。

  • 【8】「髪はボサボサで、服は適当。女性に好かれる気がないんじゃない?」

    「客観的に見て、女の子に避けられてると思う」(20代女性)など、身だしなみの気配りがまったくできていない男性は、恋愛以前の問題で女性が近寄ってこないようです。少なくとも清潔感のある印象を与えられるように、外見を整える必要があるでしょう。

  • 【9】「それを私に言うことが失礼だって理解できないからじゃない?」

    「鈍感で女心がわからない人だってバレバレ」(20代女性)など、仮に友達関係であっても、「彼女が欲しい」的な発言を女性にすることは、「貴女は恋愛対象じゃない」と公言するようなもの。うかつなことを言わないよう注意したいものです。

「好きな人ができない」のは、出会いの少なさだけでなく、実は多面的な原因が考えられそうです。一つ一つを吟味しながら、改善していきたいものです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2013年10月13日(日)から10月20日(日)まで
対象:合計154名(10代、20代、30代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock