「いい大人なのに…」とデート中にガッカリした年上男性の行動9パターン


年下の女性とデートをするなら、「カッコいい大人の男」である自分を見てもらいたいもの。では、逆に女性から「大人なのに…」とガッカリされてしまうのは、どんな行動なのでしょうか。そこで今回は、10代から30代の独身女性191名に聞いたアンケートを参考に「『いい大人なのに…』とデート中にガッカリした年上男性の行動」をご紹介します。

  • 【1】地図が読めず道に迷う

    「やっぱりリードしてほしいから、道に迷われたら萎える」(20代女性)など、女性は年上の男性に頼り甲斐を求めるため、地図が読めないという弱点が命取りになることもあるようです。GPS機能で現在地が表示されるスマホアプリを使えば、欠点に気づかれることもないのではないでしょうか。

  • 【2】デート代を一円単位で割り勘にする

    「せこい! おごってほしいわけじゃないけどドン引き」(20代女性)など、経済的な余裕は少なからず「大人らしさ」の担保となるため、細かい割り勘を要求するとガッカリされてしまうようです。毎回おごる必要はありませんが、少なくとも自分のほうが多めに出すようにしてはいかがでしょうか。

  • 【3】食べ方が下手でよく物をこぼす

    「子どもみたい。大人だと、かわいいとは思えない」(20代女性)など、あまりにも食べ方が汚いと、品性が疑われてしまうようです。お箸の使い方やテーブルマナーも女性が気にするポイントなので、一度基本をおさらいしたほうがいいかもしれません。

  • 【4】一人で決められず、何でも相談する

    「優柔不断なのは嫌だな。大人の男は決断力がなきゃ」(10代女性)など、優しさから女性の意見を聞いたつもりでも、裏目に出ることがあるようです。「こうしようと思うけど、いいかな?」と、自分の意見を伝えた上で相談すれば、「決められない男」のレッテルを貼られることはないでしょう。

  • 【5】店員さんに横柄な態度をとる

    「大人げない! 人としてどうかと思う」(20代女性)など、いくら客と店員の関係でも、礼儀を欠くと女性に幻滅されてしまうようです。注文の際も「すいません」「お願いします」の言葉を忘れないようにすれば、逆に「丁寧な人だな」と印象がアップするかもしれません。

  • 【6】話題に乏しく、下世話なワイドショーネタばかりを話す

    「年相応の教養がない人には魅力を感じない」(20代女性)など、話の内容にはその人の興味、関心が表れるため、デート中に口にするテーマには慎重になったほうがよさそうです。マンガやアニメ、流行モノの話も、そればかりだと「オタク」「ミーハー」というよからぬ印象を抱かれかねないので、バランス感覚が必要でしょう。

  • 【7】ゲームセンターなど子どもっぽい場所に行く

    「大人のデートじゃない!!」(20代女性)など、年下女性はデート場所のセレクトにも「大人の落ち着き」を求めているようです。少し高級なレストランや、若者同士では入りづらい雰囲気のバーなど、「ならでは」の場所に連れて行き、非日常を体験させてあげてはいかがでしょうか。

  • 【8】何度となく母親の話が出てくる

    「マザコンはムリ! しかも大人だと重症って感じ」(20代女性)など、ただでさえ女性ウケの悪い「マザコン」が、年上男性の場合は致命的な欠点になりうるようです。母親とメールや電話をするだけでも誤解されかねないので、デート後に折り返したほうがいいでしょう。

  • 【9】お腹が空くと不機嫌になる

    「大人ならそれくらい我慢してほしい」(20代女性)など、空腹に機嫌を左右されていると、「まるきり子どもだな」とげんなりされても仕方がないでしょう。自覚のある人は、マメにお茶休憩をして軽食をお腹に入れ、機嫌を保つ努力をしましょう。

経済力や包容力、決断力など、女性は年上男性に対して、同世代の男性よりも高いハードルを設ける傾向にあるようです。まわりにいる「ステキな大人の男性」を参考に、男磨きをしてはいかがでしょうか。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2013年10月13日(日)から10月20日(日)まで
対象:合計191名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock