元カノの新しい彼氏を見て知った「俺に足りなかったもの」9パターン


別れた彼女への想いは吹っ切れたものの、「俺のどこがよくなかったのか…」と考えてしまうことはないでしょうか? そんなとき、意外な人物がヒントをくれることもあるようです。そこで今回は、10代から30代の独身男性154名に聞いたアンケートを参考に「元カノの新しい彼氏を知ってようやくわかった『俺に足りなかったもの』」をご紹介します。

  • 【1】がんばり過ぎていない「清潔感のある身だしなみ」

    「今度の彼氏は見るからにさわやか! 攻めパーマは逆効果だったか…」(20代男性)など、まず見た目の違いに撃沈することもあるでしょう。外見が別れる原因になったわけではないとしても、女子ウケするファッションは意識する価値があるかもしれません。

  • 【2】彼女の希望に即座に対応できる「フットワーク」

    「彼女を後ろに乗せるために大型二輪の免許を取ったと聞いて、完敗を認めた」(30代男性)など、女性の期待を無視したり、約束を先延ばしにしたことを後悔する人もいます。「めんどくさがり」の自覚があるなら、この辛酸を思い出して、自分を鼓舞してやりましょう。

  • 【3】女性の安全を守るための「さりげない気配り」

    「立ち話中に自転車が来て彼女をサッと引き寄せた! 俺でも惚れるわ!」(20代男性)など、新しい彼氏の紳士然とした行動に圧倒された男性もいます。即席では自然な所作が身につかないので、日ごろからレディーファーストを意識するといいでしょう。

  • 【4】自分のことよりみんなを楽しませようとする「無私の精神」

    「ムードメーカーのあいつか、と納得。俺じゃダメだわ」(10代男性)など、元カノが選んだ男性を知ることは、集団の中でのふるまいを見直す契機にもなるようです。女性は分け隔てなく人に親切な男性に好感を持ちやすいので、自分優先は慎むべきかもしれません。

  • 【5】彼女の友人ともすぐに仲良くなれる「人なつこさ」

    「元カノの親友とめちゃくちゃ打ち解けてた。自分はあの子の名前も忘れてる…」(30代男性)など、女性の仲間に馴染めなかったことも、反省材料になるようです。恋人の知人とウマが合わないことがあっても、親しむ努力をして損はないでしょう。

  • 【6】相手が思わず気分よく話し続けてしまう「聞く力」

    「『彼はただじっと耳を傾けてくれる。あなたと違って』だそうです」(20代男性)など、聞き役を欲していた彼女に、あれこれ意見したことを悔やむ男性もいます。女性には「感想は不要」の前提でグチりたいときがあるようなので、見極めが肝心かもしれません。

  • 【7】わがままを受け入れ、時にはいさめることもできる「器の大きさ」

    「買い物デートに遭遇。衝動買いの女王を見事にコントロールしていた!」(30代男性)など、彼女の顔色ばかりうかがっていた自分の小心っぷりに、嫌気がさすこともあるでしょう。とはいえ「堂々」と「尊大」は紙一重なので、気を付けたほうがよさそうです。

  • 【8】困ったときにはがっちりフォローしてくれそうな「頼りがい」

    「同い歳と聞いてビックリ。なにあのどっしり感…」(20代男性)など、相手の男性の風格に気おされた人もいます。体格や格好ではなく、経験に裏打ちされた存在感は一日二日で備わるものではありませんが、今回の敗北もひとつの糧だと考えれば、一歩前進でしょう。

  • 【9】「自分はいま彼女に愛されている」という「自信」

    「俺が元カレだと知ってもすごく感じよくて…。不安とかないの?」(10代男性)など、「俺こそが彼女にふさわしい!」という確信が持てないまま破局を迎えた場合、目の前の二人の絆が強固なものに見えて、打ちのめされてしまうようです。自分に原因がありそうなら、内面を見つめ直すチャンスかもしれません。

「どうせあいつだって」などとアラを探すよりは、後悔や反省のほうが建設的だと言えるでしょう。「完璧な男」にはなれなくても、少しずつ自分を変えていくことで恋愛力も高まるのかもしれません。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2013年10月13日(日)から10月20日(日)まで
対象:合計154名(10代、20代、30代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock