「なぜ俺には彼女ができないんだろう…」とボヤく男性が、まず改善すべき行動9パターン


ずっと彼女募集中なのに、誰とも付き合えない…。そんな恋愛ワナビーな男性は、自分なりに努力しているつもりでも、基本的な行動が間違っているのかもしれません。そこで今回は10代から30代の独身女性154名に聞いたアンケートを参考に、「『なぜ俺には彼女ができないんだろう…』とボヤく男性が、まず改善すべき行動9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「自分が女性だったら、今の自分と付き合いたいか」を真剣に考えてみる

    「自分の魅力と欠点を客観的に理解したほうがいい」(20代女性)など、女性の目線から異性としてわが身を振り返ることで、アピールすべき長所と、改善すべき短所が見つかるかもしれません。イメージできなければ、親しい女性に指摘してもらうのも有効でしょう。

  • 【2】女性に対する「高すぎる理想」を捨て、生身の人間として接する

    「ゴタクばっかり並べてたって、恋は始まらない」(20代女性)など、女性に対して「こうあるべき」という願望が強すぎる男性は、機会をつかみ損ねているおそれがあります。誰にでも一人の人間として自然に接することで、新しい魅力が見えてくるかもしれません。

  • 【3】自宅と職場の往復だけで日々を過ごすのをやめ、人間関係を広げる

    「人間関係が狭いから、そもそも出会いがないんでしょ」(20代女性)というように、単調な毎日を送っている男性は、女性と出会う機会が限られるようです。飲み会に誘われたら積極的に参加するなど、新しい交友関係を広げるために努力したいものです。

  • 【4】物事のマイナス面ばかり見るのをやめ、ポジティブ思考を心がける

    「後ろ向きな男性には惹かれない」(20代女性)など、何かにつけてマイナスな思考をする男性は、行動が消極的になり、魅力が半減してしまうもの。「自分を変える」という強い意志をもって、周囲の女性を明るく照らす存在を目指しましょう。

  • 【5】女性に対して受け身にならず、自分からすすんで話しかける

    「やっぱり恋愛は男性がリードするべき」(20代女性)というように、多くの女性は「男性からのアプローチ」を望んでいるようです。お互いに待っているのでは話が進まないので、勇気をもって話しかけるところから始めてみましょう。

  • 【6】休日にアニメだけ見て過ごすなど「一人で楽しむ趣味」に没頭しすぎない

    「『暗い人だなあ』と思って興味の対象から外れる」(20代女性)など、趣味を楽しむのはいいことですが、他人と交流しなければ孤独が深まるばかりです。せっかくなら同好の士の集会に参加してみるなど、コミュニケーションの機会を増やしたほうがいいでしょう。

  • 【7】「彼女ができないこと」を女性にグチったりせず、楽しい話題を提供する

    「建設的じゃない話をグダグダ聞かされるのが一番うざい」(20代女性)というように、恋ができない辛さをネガティブに語るだけでは、周囲を味方につけることはできないでしょう。同じ悩みでも「合コンしない?」と具体的に相談すれば、聞いてくれる女性も多いはずです。

  • 【8】ファッションに気を配る、筋トレをするなど、外見を磨く努力をする

    「少なくとも最低限の努力はすべき」(20代女性)など、恋愛対象として意識されるためにはオシャレも欠かせない要素です。イケメンでなくとも、悪い印象を与えないレベルを目指して、雑誌やネットなどで情報を集めましょう。

  • 【9】自分のことばかり一方的に語るのをやめ、他人の話を聞くことを大切にする

    「自慢話しかしない人は敬遠する」(20代女性)など、女性を前にして自己アピールを繰り返すのは、むしろ逆効果のようです。まずは落ち着いて相手の話を聞くことで、女性に安心感を与えられるでしょう。

せっかくの努力も、方向性が間違っていれば目指す成果は得られません。自己満足に陥らず、客観的なアドバイスを取り入れることで、素敵な恋愛に近づけるはずです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2013年10月13日(日)から10月20日(日)まで
対象:合計154名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock