結婚前提なら、ここだけは改めて欲しい…彼女の本音9パターン


彼女から、「恋人時代は目をつむっていられても、夫となると許せない」と思われている習慣があるとしたら、結婚まで進展することのないまま、別れを迎えることになるかもしれません。そこで今回は、10代から30代の独身女性286名に聞いたアンケートを参考に「結婚前提の彼氏に『これだけは改めてほしい』と思っていること」をご紹介します。

  • 【1】せっかくの休日をムダにする惰眠

    「怠けもののイメージ。デキる人は休日もアクティブ」(20代女性)というように、休みに寝だめをすることをネガティブにとらえる女の子は多いようです。彼女が寝坊やお昼寝が大好きというタイプでないなら、週末に必ずスポーツの予定を入れるなど、有意義に過ごす姿を見せたほうがいいかもしれません。

  • 【2】生活費を削ってまで没頭する趣味やギャンブル

    「やめろとは言わないけど、暮らしがすさむのは嫌」(30代女性)というように、家計に悪影響を及ぼすほどギャンブルや趣味にお金をつぎ込むのは彼女を心配させてしまうでしょう。「たしなむ程度で…」と胸を張って言えるよう、毎月の予算をきめて楽しむようにしたいところです。

  • 【3】合コンなど出会い目的の集まりへの参加

    「お財布からはみ出していた謎のレシート…またかよ!」(20代女性)というように、明らかに「恋人探し」がテーマの飲み会に参加するのは、いくら理解のある彼女でも気を悪くしそうです。付き合いで顔を出すなら、コソコソせずに事前に断ってから行くようにすると、信用を得られるかもしれません。

  • 【4】暴力や暴言など彼女を傷つける行動

    「たび重なると愛情を疑う」(20代女性)というように、軽いケンカならともかく、一方的に相手を痛めつける行為は避けるべきでしょう。直接の暴力だけでなく、モノを壊して怒りを鎮めるタイプの人も、「カッ」となったときの言動に注意したいところです。

  • 【5】信号無視やポイ捨てなどのマナー違反

    「人としてどうかと思う。子どもができたら悪い手本になる」(20代女性)というように、結婚を視野に入れた交際だからこそ、相手に社会規範を守ってほしいと考える女の子もいます。横断歩道がないところで渡る、ゴミの分別を怠るなど、罪の意識を抱きにくい行動に注意しましょう。

  • 【6】人の話そっちのけで続けるケータイ操作

    「いい気はしない。ケータイじゃなくコッチを見て話を聞いてよって思う」(20代女性)というように、デート中にケータイをイジってばかりいるのも、彼女が不満を募らせる原因になるでしょう。せめて、「ちょっとメールするね」「待たせてごめんね」などとフォローすれば印象は違ってくるかもしれません。

  • 【7】1日何時間も没頭するゲーム

    「儲かるわけでもないし、人生のムダのような気がする」(20代女性)というように、いくらゲームにはまったとしても、度を過ぎると冷ややかな目で見られてしまいそうです。「就寝前の1時間のみ」など、ルールを決めて楽しむ分には文句を言われずにすむでしょう。

  • 【8】見栄を張るための分不相応な買い物

    「結婚したら勢いで新築買うって言いだしそうで怖い」(30代女性)というように、身の丈に合わない出費を繰り返していると、彼女に将来を不安視されてしまうかもしれません。自覚がある場合は「ローン禁止」をマイルールにすると安心してもらえそうです。

  • 【9】「仕事」と称する連夜の飲み歩き

    「毎晩タクシーで帰宅では、カラダとお財布が持たない」(20代女性)というように、いくら付き合いでも、毎日飲み歩くのはやめてほしいというのが女の子の本音のようです。3回に1回は断る、2軒目は断るなど、できる範囲で少しずつ頻度を下げていきましょう。

結婚相手として相応しいかの見極めには「一緒に生活するパートナーとしてどうか」という視点が加わるようです。結婚前に同棲をするなどして、お互いの生活態度を見ておくのも手かもしれません。(外山武史)


【調査概要】
期間:2013年9月16日(月)から9月23日(月)まで
対象:合計286名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock