合コンに来ている女子が「本当は彼氏ありかなしか」を見破る方法9パターン


合コンでは時に「人数あわせ」のため、彼氏ありの女性が参加することがあります。彼氏ありだとしても新しい恋を探しに来ているのなら良いのですが、厄介なのはその気もなくただ冷やかしに来ている場合。そこで今回は10代から30代の独身男性183名へのアンケートを参考に「合コンに来ている女子が『本当は彼氏ありかなしか』を見破る方法9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「彼氏は今日のこと知ってるの?」とカマをかけると焦る

    「まずはお笑い毒舌キャラという設定でジャブします」(20代男性)というように、彼氏がいる前提で軽く話題を振るパターンです。言葉に詰まったり、驚いたりするとクロの可能性が大かもしれません。

  • 【2】よく見ると薬指に指輪の跡がある

    「暗い合コン会場では至難の業ですが…」(20代男性)というように、薬指に指輪の跡がないか判別するパターンです。左手ではなく、右手にしている可能性もあるので念のため両手を確認すると良いかもしれません。

  • 【3】トイレに立つ際必ずケータイを握りしめている

    「メールを着信してもその場でチェックしない場合もあやしいです」(20代男性)というように、席を外す際に必ずケータイを持って行くパターンです。もっとも、仕事の連絡の可能性もあるので必ずしも彼氏と連絡しているというわけでもなさそうです。

  • 【4】ツーショットを撮って「SNSにアップしよーっと」と言うと拒む

    「SNSには彼氏がいますから、絶対に焦ります」(20代男性)というように、ツーショットを撮ってSNSにアップするフリをするパターンです。Facebookなどの友達申請すら「後でね」とうやむやにする場合もあやしいと言えるでしょう。

  • 【5】Facebookなどで友達になり、休日の動向を探る

    「その場で友達になれたら、速攻で過去ログを探る」(30代男性)というように、SNSで休日の過ごし方を探るパターンです。平日夜は女友達との様子をアップしているのに、土日にまったく更新がない場合もあやしいと言えるでしょう。

  • 【6】一人暮らしなはずなのに、明らかに分不相応なエリアに住んでいる

    「稼ぎの良い仕事や、親が金持ちでない限り同棲の線が濃厚」(20代男性)というように、やたら良いエリアで一人暮らしをしているパターンです。「ルームシェア」といいわけをする場合もあるので、「2次会はそこにしよう」と提案してみても良いかもしれません。

  • 【7】サッカーやクルマなどの話題を打ち返すなど男性の趣味に詳しい

    「サブカル系のネタも使えます」(20代男性)というように、やたらと男性の趣味に詳しいパターンです。もっとも、男兄弟がいたり、父親の影響が色濃い場合もあるので、早合点は禁物と言えるでしょう。

  • 【8】「どれくらい彼氏いないの?」と聞いても即答できない

    「だいたい現在進行形だと言葉に詰まります」(30代男性)というように、彼氏いない歴を問いただして反応を見るパターンです。本当に何年も彼氏がおらず、指折り数えてみないとわからないセカンドバージンのケースもあるので注意しましょう。

  • 【9】なぜか女性幹事がその子の分まで飲み代を払う

    「完全に人数あわせの人員です」(20代男性)というように、なぜか女性幹事がその子の分まで費用を支払うパターンです。「あ、いま大きいのしかない」などともっともらしい言い訳をして、幹事が立て替えるという小芝居を打つ場合もあるので注意が必要です。

以上、意外と彼氏持ちの女性の言動には多数のボロがあります。面と向かって聞いてみるのもよいですが、今後のコミュニケーション能力向上のために、あえて探ってみるのも面白いかもしれません。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2013年8月20日(火)から8月27日(火)まで
対象:合計183名(10代、20代、30代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock