女の子の「(彼は)いい人なんだけど…」に続く本音9パターン


「いい人で、モテる人」と、「いい人で、どうでもいい人」の違いはどこにあるのでしょうか。いい人どまりにならないためには、女の子の本音を読み取る必要がありそうです。そこで今回は、10代から30代の独身女性286名に聞いたアンケートを参考に「女の子の『(彼は)いい人なんだけど…』に続く本音」をご紹介します。

  • 【1】自分だけではなく誰にでも親切なので、優しさに価値を感じない

    「みんなにいい顔してる人だから、勘違いしないようにしてる」(20代女性)というように、女の子は「自分だけを特別扱いをしてくれるかどうか」を意外と重視しています。分け隔てない優しさはキープしつつ、気になる相手には一層のおもてなしを心がけましょう。

  • 【2】性格は申し分ないが、見た目がややイマイチ

    「友達としてみた場合は満点なんだけど」(10代女性)というように、ビジュアルが惜しいために恋愛対象と見なされないケースです。とはいえ、中身は合格点をもらっているだけに、体を鍛えるなど、見た目に気を使えばモテ出すかもしれません。

  • 【3】悪い人ではないが、空気を読めないのが問題

    「優しいけどマイペースすぎておバカに見える」(20代女性)というように、「鈍感すぎる」などの欠点が、人柄の良さと表裏一体だと評される場合もあるでしょう。心当たりがあったら、「俺をどう思ってるか正直に言って!」と信頼できる友人に尋ねてみるとよさそうです。

  • 【4】二人のときに話が弾まず、なんとなく気が合わない

    「いつも表面的な会話で終わってしまい、つまらない」(10代女性)というように、「面白みに欠ける」と評価される男性もいるようです。トークに自信がなくても「へーそうなんだ!」「面白いね!」などとタイミングよく相づちを打てば、好印象を与えられるでしょう。

  • 【5】人当りはいいが、生活態度がちゃらんぽらんである

    「借金あるし、浮気するし、優しいだけのダメ男」(20代女性)というように、いい人でも暮らしぶりがだらしない男性はNGの烙印を押されることがあるでしょう。女の子ウケを考えたら、ギャンブルや浮気の話題は極力口にしないのが無難そうです。

  • 【6】男らしさを感じず、友達以上の関係に発展しない

    「『いい人』って結構な割合で、フェロモンが出ていない」(20代女性)というように、優しくても性的魅力の乏しい男性は、恋の対象だと見なしてもらえないでしょう。ただし、「ガリガリに見えて実は細マッチョ」などのギャップを見せられれば、イケメンでなくても女の子を「キュン…」とさせられる可能性はありそうです。

  • 【7】お人よしすぎて、貧乏くじばかりひいている

    「付き合うと不幸に巻き込まれそうで…」(30代女性)というように、たとえいい人でも、不運を招き入れるタイプの男性は、女の子に警戒されてしまいそうです。人に優しいのはいいことですが、泣き寝入りしないように、自分を不利益から守ることも必要でしょう。

  • 【8】昔からよく知っているので、新しい発見がなく、ときめかない

    「キスしたりハグしたりっていうのが想像できない」(20代女性)というように、幼馴染の感覚なので、恋人になったところをイメージできない関係もあるでしょう。とはいえ、古い仲なら「信頼されている」というアドバンテージがあるので、頼りがいがあるところをアピールすれば「気心の知れた恋人」にランクアップできるかもしれません。

  • 【9】食べ方が汚いなど、生理的に許しがたい特徴がある

    「クチャクチャ食べる人は無理!!」(20代女性)というように、人柄がよくても、隣にいると不快になると思われたら、恋愛に発展する芽はなさそうです。せっかくの「いい人」が台無しにならないよう、身なりや食事のマナーには気を遣いましょう。

「いい人」というのは、男性としての魅力が欠けている人に使われる褒め言葉なのかもしれません。もし言われても、決して浮かれないようにしたいところです。(外山武史)


【調査概要】
期間:2013年9月16日(月)から9月23日(月)まで
対象:合計286名(10代、20代、30代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock