交際経験ゼロの男性が「高嶺の花」を彼女にできた経緯9パターン


恋愛の経験が乏しい男性にとって、「高嶺の花」ともいえる素敵な女性を口説くことは極めてハードルが高いもの。しかし、そんなミラクルを実現させた先輩も少なからずいるようです。そこで今回は10代から30代の独身男性167名に聞いたアンケートを参考に、「交際経験ゼロの男性が、『高嶺の花』の女性を彼女にできた経緯9パターン」をご紹介します。

  • 【1】玉砕覚悟でど真ん中ストレートに告白した

    「当たって砕けるつもりでぶつかった」(20代男性)など、勇気を奮い起こしてダメ元で告白したら、意外とうまくいったという男性は多いようです。女性の本心は聞いてみなければわからないもの。どんなに無理めな相手でも、一度ぶつかってみる価値はありそうです。

  • 【2】何かにつけてこまめに連絡をとり、親近感を抱かせた

    「ウザいと思われない範囲で付きまとった」(20代男性)など、とにかく連絡を取る機会を増やすことで、彼女からの信頼を勝ち取った男性もいるようです。世間話のメールやさりげない贈り物など、ゆるいアプローチをじっくり続けることが成功の鍵でしょう。

  • 【3】相手が前の彼氏と別れたタイミングでさりげなく飲みに誘った

    「たまたま時期がよかった」(20代男性)など、「彼氏と別れた直後」は高嶺の花の女性を口説きやすいタイミングのようです。日頃から友人として親しく接しておき、別れた話を聞きつけたら、「飲みに行って元気だそうよ!」と誘ってみるとよさそうです。

  • 【4】美人と意識せず、ごく普通に接していたら相手に好意を持たれた

    「特別扱いしないでフツーに接した」(20代男性)など、「高嶺の花」の女性は美人扱いされることに慣れているもの。あえてごく普通に接することで、ほかの男性とは違った印象を与えられるようです。少し図々しいくらいの気安さで話してみるといいかもしれません。

  • 【5】ルックスではなく、女性の内面を理解して褒めまくった

    「周囲への気配りや優しさを褒めた」(20代男性)など、外見ではなく内面に理解を示すことで、「高嶺の花」の女性は心を開いてくれるようです。彼女の行動をよく観察して、頑張っていることを褒めるようにすると、好印象を与えられそうです。

  • 【6】彼女の好きなものについて勉強し、一緒に楽しめるようにした

    「共通の話題を増やして、気軽に話せる関係になった」(20代男性)など、彼女の趣味について対等に語れるようになることで、距離感がぐっと近づくようです。音楽や本など、彼女の好きなものについて「興味があるから色々教えて」と頼んでみるとよさそうです。

  • 【7】断られても、断られても挫けずにアタックし続けた

    「7回目の告白でOKして貰った」(20代男性)など、何度も告白して愛を勝ち取った男性もいます。みっともないと思わず、真剣さが伝わるまで努力し続けることは大事でしょう。ただし、くれぐれも相手に迷惑をかけないように心掛けましょう。

  • 【8】身近な「高嶺の花」の女性全員に、ひと通りアプローチした

    「俺でいいと言ってくれる変わり者も一人はいた」(20代男性)など、「数打ちゃ当たる作戦」で可能性を上げた人もいるようです。一人の女性に惚れ抜くのとは違いますが、「高嶺の花の彼女が欲しい」という目標を実現する上では、合理的な選択かもしれません。

  • 【9】高収入やステータスの高い職業など、スペックの高さを身につけた

    「学生時代はパッとしなかったが、誰もが知る有名企業に就職したらモテるようになった」(20代男性)など、社会的地位を上げるように努めると、結果が伴う場合もあります。属する世界がランクアップするだけで、「高嶺の花」の女性と接する機会が増えるかもしれないので、学生時代にモテなくても希望を捨てないようにしましょう。

「高嶺の花」と付き合いたいのは男性ならば普通のことかもしれません。「どうせ自分には無理」と諦めたりせず、しぶとく行動を続けることでチャンスは訪れるでしょう。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2013年9月16日(月)から9月23日(月)まで
対象:合計167名(10代、20代、30代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査